おとぼけハスキーの談話室へ

ムサシのお出かけ 1991年~1992年etail

91-92年 93-94年 95-96年 97-98年 99-00年 01-02年 03-06年

1991年〜92年

 ジョンとの出会い  1991年4月 ハスキー犬ってどんな犬 ?

 ジョンが生まれたのは1983年12月31日。当時はハスキー犬についてほとんど知られていなかった。ジョンの体毛はグレーと茶の間なので、秋田犬と勘違いする人も多かった。
 連休の春山にジョンも連れていきたいというので、1991年4月末に面談することになった。
 裏庭に座り込んで期待しつつコーヒーを飲んでいた。そこへ前触れもなくジョン。のそのそと近づいて鼻先へ。目と目とが同じ高さなので、予想外の大きさに仰天し、凍り付いてしまった。ところがジョンは鼻先を舐め、挨拶が終わると、くるっと向きを変えるとお座りの姿勢をとった。感服。
 引っ越したばかりの住まいはぺットと同居できるので、つねづね犬と暮らしたいと考えていた。この日から、仕事と育児が両立するかどうか悩みながらハスキー犬の研究に没頭し始めた。
生まれたばかりのジョン ぬいぐるみとジョン 掃除機とジョン ジョンの後ろ姿 少年期のジョン

 ジョンと雪山へ  1991年5月

 5月の連休にジョンをつれて檜枝岐と会津駒ヶ岳登山に出かけた。積雪はなお数メートル。
 ジョンには初めての雪山。急坂を転げ回り、4輪駆動を最大限に活用。ハスキーの本領を発揮するジョンの魅力にとりつかれた。
 ジョンとの競争で急登の苦しさも忘れ、犬との暮らしを始める決意を固めた。

 春の息吹

 桜

 檜枝岐の5月は春爛漫。花が咲き乱れ、水芭蕉が太陽に向かって手のひらを広げて、活力にあふれています。温泉もたっぷり。そばもうまい。
 でも、この時期、降雪の日もあり、数メートルの積雪を残す会津駒ヶ岳は吹雪で荒れ狂うのです。しっかりした登山の装備が必要。

1991年7月
アルバートからムサシに改名





 ムサシの引っ越し  1991年7月

 1991年7月27日の午後。一生の相棒が籐のかごを持って現れました。なにやら訓練士の女性らと話し合っていたかと思ったら、ボクを抱き上げて籐のかごに押し込めました。
 ボクは事情が解らず、身動きがままならない状態で、タクシーとかいう、スーと滑り出す妙な乗り物に乗せられ、今度はやたら暑いプラットホームとか言うところに置かれ、さすがに苦しくなってわめきました。その時「ムサシ、もう少しだから我慢だ」とささやき、何となくボクに向かって話しかけていることが解りました。
 このときからボクは「ムサシ」と言われると相棒の顔を見るようになりました。
8月4日。
人間界にデビューした東京・江戸川区葛西臨海公園。こわごわベンチの下を伺う。
ムサシとよばれて「なーに」と振り返る。腰がまだふんなりしていて足のパットもピンク色。
ポトスの葉をかじり「こら」と怒鳴られるのが楽しみ。ムサシがいるのは座卓の下。こんなにおチビさんだった。

 トイレのしつけ

 ムサシは世話のかからないパピーでした。初めての夜は、1階で一人きりで寝させたものの、    相棒は気になって2階で耳を澄ませていました。深夜になって寂しくなったのか「ワオーン」とかわいい遠吠えをしましたが、身を切る思いで「ここが正念場」と手をにぎり締めて我慢。声を上げたのは一度きりで、すぐに寝入りました。あきらめの早い性格は生まれつき。翌日からは自分の運命を悟ったようで、遠吠えはストップ。
 オシッコとウンチは、うろうろし始めたら抱き上げてサークルの新聞紙の上におろして「よし」。3日で覚えました。市販のトイレットシートはおもちゃにして破るだけで、役に立ちませんでした。サークルの中敷きにすのこをひいて下に流れるようにしておきました。もちろん、汚れた新聞紙はすぐ交換し、下敷きも洗います。しかしすぐサークルは取り外しました。
 サークルを外したいきさつ。帰宅するとムサシがキャンキャンと喚いているのであわててサークルを覗くと、ウンチの上に餌箱をかぶせて、一番遠い場所でうずくまっていました。臭くていやだったのでしょう。このときからサークルを外して、数カ所に新聞紙を敷いて置くようにしました。トイレのしつけのはじめの頃に困ったのは、新聞を下に広げて読みはじめると、さっさとやってきてオシッコすること。エヘン、という顔をして見上げるものですから、苦笑しか出ません。でも、臭いに懲りたのか、ウンチだけは散歩のときしかしなくなってしまいました。

1992年4月
ジョンとテスト旅行
 

 ジョンと奥多摩ハイキング  1992年4月

 ジョンと会津駒ヶ岳に再び出かけるプランがわきあがり、ボクも元服して初陣することになりました。
 でも長期旅行は初めて。登山も始めて。そこで試しに奥多摩へ。透き通る谷川に飛び込んだボク。水というものは、いかに気持ちよく、切れるようにちゅめたーいものか認識しました。
 

1992年5月
春の雪山に挑戦 会津駒ヶ岳(2,132b)
92

 山男の誕生でした  1992年5月

 5月の連休に春山に挑戦。登山は2日目に。
 1日目はジョンのあとをつけ回して、旅の流儀をお勉強。まだ1歳未満だった。
 5月はじめの会津駒は積雪数メートル。前年は吹雪。今回は晴天に恵まれ、新雪を踏み分けて初登頂。このときからジョンの山仲間、山男になった。

1992年6月
清里でトレッキング

 ジョンと清里へ 1992年6月

 92年6月にジョンと清里と八ヶ岳に出かけた。

 尾根筋は陽がかげると寒いくらいで、梅雨時の街からの脱出は快適だった。このときからムサシはジョンから登山術を学びながらアウトドアの流儀を身につけていった。

 脇道に入らない、人が来たら脇に寄り、座れといわれたら待つ、などなど。


1992年8月
ムサシの一大事

 不注意で石を飲み込ませ割腹手術  1992年8月

 1992年8月の暑いさなか。石ころで遊んでいた。歯にカツカツと当たるのが何ともおかしくて「いっしょに遊ぼ」と、台所で料理しているママの背中に伸びをしてお相手をねだっていたところ・・・・。石がのどに詰まり、苦しくなって口をあけた拍子に、重みで石がのどをすり抜けて、思わず飲み込んでしまった。


 翌日はお医者さんへ。レントゲンの結果、石はしっかりと胃袋に居候。「腸に行くと大変ですよ」とあきれ顔のお医者さん。その結果、手術。おなかの毛をしっかり刈り取られて3日間入院。
 おなかの毛が生えそろうのに3カ月かかった。身体が硬いためにおなかがかけず傷の治りが早かった。事情の知らないご近所では「サマーカットのハスキーがいる」と評判だったらしい。
 

 幼友達  ビーグルのペコ

 育ち盛りのこの時期、とりわけ冬季の朝の散歩には犬仲間の励ましが有り難かった。幼友達のペコやマーティーたちが公園で待っていると相棒に訴えると、相棒は手に息をかけてこすったり、ボクの体毛で暖をとったりしながら、まだ車がライトを点けて走っている早朝の散歩につき合い、空き地で友だちとかけっこするのを足踏みしながら見守ってくれた。良い犬、良い飼い主になるには、良い犬仲間をみつけることがぜったいに必要だ。