バルトのお出かけ 2010年etail

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2010年のお出かけ

■5月7日  ククルと那須高原  ■9月25日 犬友達とわん旅行 
■5月16日 ハスキーズとドッグラン  ■10月11日 清里でアヴェマリア 
■5月27日 ふらりと清里  ■12月6日 伊豆高原2人6脚の旅 
■6月13日 里帰り~軽井沢 


2010.5.7-9
ククルと那須高原/尾根筋の雪に驚喜

那須=土砂降り、楽しい夕食/のち晴れ  2010年5月7日

 ククル(ボーターコリー)ご家族と那須高原へ。佐野SAドッグランでの待ち合わせ時には雨が強まり、バルトにとっては涼しいドライブタイム。屋根付き回廊のあるアウトレットで雨宿りをかねて遅い昼食を取り、のんびりとペンションへ。
 夕食を済ませて部屋に戻ると、雨も上がり、うきうき気分。お泊まりメンバーも次々とドッグランに繰り出し、楽しい談笑のひとときになりました。

那須岳の麓は夏でも尾根筋は残雪たっぷり  2010年5月8日

 那須連邦尾根筋には残雪。朝食の後はお泊まり犬たちのドッグラン運動会が開始。お友達気分になったミニチュアダックスのオモチャを取り上げて逃げ回るバルトのやんちゃに冷や汗。黒曜石を凌ぐ綺麗なブラックとまぶしく輝くレッドのダックスたちでした。
 マウントジーンズの今年の水仙祭りは1週間の期間延長。桜、水仙、つつじ、こぶしなどが咲き誇り、足元にはふきのとうが呵々と頭を盛り上げ、4月後半に山麓でも積雪に見舞われた寒い春なので北海道さながらに花たちが一斉に謳歌していました。
 犬も乗れるゴンドラの終点に着くと、嬉しいことに、標高1,400メートル付近の尾根筋中腹から頂上に向かっては残雪が豊富。周辺のトレッキングコースを一回りし一汗かいたバルト。早速、雪上でゴロリと身体を冷やしてご満悦の表情。よかったね。

犬同伴の温泉旅館/西那須野 5月9日

 8日の宿泊は西那須野。温泉旅館には珍しい3棟のコテージ風の別棟は犬も同宿可。そのうちの一番広い別棟には、半露天風呂があり、犬が放せるベランダも広い。のれんで二部屋に区切られ、補助ベットを2つ入れれば4人が泊まれる、贅沢な造り。本館の源泉掛け流し大風呂は趣があってのんびり。
 夕食、朝食共に味も良く、かなりのボリュームで満足でしたが、食堂への犬の同伴は不可。バルトはソフトケージとサークルの組み立て室内住宅でオヤスミタイム。
 9日はのんびりと朝食を済ませ、スタート。道の駅で高原野菜を物色。「ハニー」の看板に引き込まれて立ち寄った店内には数十種類の花から運ばれてきた花とミツバチの共同制作による銘柄純正品が所狭しと陳列されていました。

2010.5.16
ハスキーズとドッグランで再会

いとこや蘭々達に再会 2010年5月16日

 お誘いがあってハスキーズメンバーと会いに私営ドッグランにでかけました。ランは大中小の3区分があって、犬の体躯ランク別に対応し、犬ごとにスペースが指定されます。木陰のランはフリースペースになっていて休憩用。ハスキーは20頭近く集まり、従妹のグレースと久しぶりの出会いになりました。
 大型犬用には、グレートデン、ピレネーからボーダーコリーまでいるので、フリースペースまがい。気温が上がり、ハスキーズは木陰のフリースペースへ。ここではオモチャ抜きなので、ピーピーオモチャかっぱらい常習犯バルトも疾走運動会に参加。
 で、バルトは、蘭蘭やいとこたちに再開しご機嫌。楽しいひとときを過ごすことができました。

2010.5.27-28
ふらりと清里、ドイツ料理に舌小躍り

那須=土砂降り、楽しい夕食/のち晴れ  2010年5月7日

 ムサシとは実現できなかった清里のペンションにバルトと。オーナーのドイツ人は気さくで楽しい。 夕食はハムやソーセージなどがメインの美味しいドイツ料理。クリームスープは舌もなくなりそうなとろけ味。朝食もポテトや生ハムなどがメインでボリュームたっぷり。フランクフルトなどのソーセージスタンドで食べた味を思い起こし「泊まってよかった」。
 夕食時は70年代のアメリカンポップス、朝食時はベートーベンの「運命」とシューベルトの「未完成」。BGMは妙な取り合わせ。
 「把瑠都ですか」とはよく聞かれますが、「『バルト』とは森の『バルト』ですか」という問いかけは初めてのもの。ドイツ人オーナーのペンションゆえでした。
 ペンションはふた部屋になっているのでバルトは別寝室に。かってはハスキーがいたようですが、宿泊したときのペンションの愛犬は生後6か月のコリー。

 青空にくっきりと浮き上がる八ヶ岳の岩稜を眺めながら牧場のドッグランで一休み。
 ラン入口で戸を開けたまま男子中学生5、6人が立ち話。バルトは急に立ち上がって入口に疾走し中学生の足元をすり抜けて牧場へ。
 慌てて追いかけるが、バルトは100メートルほども先を快走。緊急時の犬笛を吹くと立ち止まり、振り返って「ナニ?」。いつもなら戻ってくるはず。なのに、何を思ったのか向きを左に変えて牧場の受付事務所の前を通り過ぎ、姿は消失。
 受付事務所前に駆けつけて周辺を見回すと、バルトはドッグラン入場前に食したソフトクリーム店のテラス席に陣取って女性店員にお手。ちゃっかりと好きなバニラをオーダーしておりました。
 店に着くとバルトは「遅いね。合図を守ってお店に来たよ」といった面持ち。顛末を聞いて店員さんは大笑いし終幕。

2010.6.13-17
リザーブ兄さんに誘われ里帰り~軽井沢

リザーブ兄さんのお供 6月13日

 リザーブ兄さんのお供をして帰郷することに。時折の雨も「梅雨入り前の涼しいうちに」と考えた思惑範囲内におさまり、界隈のドッグランで兄弟の面談を済ませて実家へ。念願適ってジョーカー父さんと揃い踏み。向かって左から、リザーブ、ジョーカー、バルト。ジョーカーとバルトは胸の毛並みで区別がつきます。
 犬舎の運動場ではジョーカー、リザーブ、バルトに叔父のクールも加わって懇親会。
 エキサイトしそうな雰囲気になったりして緊張しつつも楽しいひととき。琥珀ちゃんもきてくれたのですが、バルトは出発時間になりお別れ。お兄ちゃん、また会おうね。

飛騨、乗鞍に向けてスタート

 目的地は飛騨高山。走行中は曇り時々小雨。景色はベールに包まれるものの、車を適当に冷やしてくれるので、バルトには最良のコンディション。サービスエリアでは飛騨牛の串焼きを分け合って食するなどし、夕食前には宿泊先のペンションに到着。前日の車中泊が不満だったのか、バルトは、ベットの上に持参のシーツとベッドカバーを掛けると、「今日は一緒に寝ていいんだ」と嬉しそうにベッドに飛び乗り、爆睡体制に突入。

白骨温泉で疲れを取り乗鞍高原へ 6月14日

 観光客の多い高山市内を走行。バルトは晴れ男。意気揚々と平湯温泉へ。
 ペット同伴で飛騨牛がいただけるはずのお店が臨時休業。雲が出始めて涼しくなりそうなので予定変更して白骨温泉へ。立ち寄り入浴し、夕刻には乗鞍高原のペンションに着き、散歩。啄木鳥のパーカッションつきオーケストラに聴き惚れるバルト。
 宿泊ペンションは1階の一部屋がペット可。ベットが三つ並ぶ広さ。部屋の裏口から直接外に出られる造りなので、夜中の散歩も気遣いがいらず、大型犬には大助かり。ドッグランがないのが惜しい。
 ペンションには乗鞍の源泉から引かれた温泉が。かすかな乳白色。露天風呂もある。白骨温泉に続いて温泉三昧をしている間、バルトは部屋でお疲れモード爆睡体制。
 ムサシと乗鞍に来た時は、雲上3千㍍近くの畳平から下界を見渡したもの。現在は乗鞍高原付近から上は自然保護のためにマイカーとペットが進入禁止。トレッキングなしで運動不足。

乗鞍から美ヶ原の眺望を楽しみ北軽井沢へ 6月15日

 乗鞍から松本を通り過ぎ美ヶ原へ。梅雨前線の力添えで雲のカーテンが太陽光線の直射を遮ってくれるので快適。目的地は浅間高原北軽井沢嬬恋。美鈴湖から美ヶ原への道はS字の連続。後続の車がないので木々に囲まれたすがすがしい高原をのんびりとドライブ。
 頂上下の駐車場から先は「自然保護」のためにペット禁の看板が。登攀は諦め、周辺をミニトレッキングして運動不足を解消。嬬恋へ。四阿山や根子岳など周辺の山はムサシとトレッキングを楽しんだので懐かしい。温泉で汗を流し宿泊先へ。

馬場のようなドッグラン 6月16日

  ペンションには千5百坪のドッグラン。雨模様が濃くなってきたのでまずはバルトを解放。ランを点検し見つけてきたボールをおもちゃに疾走、屈伸。満足の面持ち。よかった。
 宿泊先はオフ会でよく利用されているホテル。14畳の洋間があって広々。カーペットが敷いてあるので犬の足腰の負担にならない。寝室は6畳の和室。洋間に布団を敷いて2人が寝ることもできる
 朝寝をしていたバルトがむっくりと起きあがり「サンポ」。ドッグランで晴れ男バルトが空を見上げて何やらブツブツ。ナント、雲の切れ間が広がり、木々の葉が光り始める。朝食を済ませてドッグランで食後の運動に。
 旧軽井沢では日陰のある駐車場を選んでバルトはしばしオヤスミタイム。
 わんグッズを物色する予定にしていたお店は休業。妖艶な味がするアザミのはちみつを買い求め、ジョン・レノンを偲んでパンを抱えながら車に。バルトは日頃の習慣を忘れず「パン買ってきた。チョーダイ」とムクムクと起きあがりお手。ついに帰路につきました。

2010.9.25-26
犬友達とわん旅行に出かけ軽井沢彷徨

お友達と大はしゃぎ 9月25日

 バルトは大好きなお友達と日頃の大はしゃぎをさらに拡大し大疾走。集まったのは24人と大中小取り混ぜて愛犬21頭。次々と到着し、ドッグランに集まってくるお友達たちは「無事についてよかったね」と言わんばかりのご挨拶の交換。客室は6畳の和室に加えて絨毯敷きの居間は14畳ほども。すべてがのびのびムードのホテル。
 夕食後は懇親会会場に移り、愛犬のバースデーケーキで健康を願って乾杯。犬談義で犬も飼い主も大はしゃぎ。
 翌日の朝食をたっぷり味わってそれぞれのプランに向けてスタート。
 バルトはさらに北軽井沢で1泊。オフ会両日の好天が一変。午後から降り出した雨は翌日も降り続き、バルトは憤懣タラタラの仏頂面をしておりました。

懇親会はバースデーケーキで盛り上がり

2010.10.11-12
清里でアヴェマリアに感激

快適なロッジ。温泉、ディナー、キングサイズベッド 2010年10月11日

 見晴らしと草地が綺麗な浜名湖SAの「浜名湖の恋人の聖地」。いい出会いがあればと祈るバルト。
 東名高速にも浜名湖SAまでにドッグランがあるが中小型犬用。
 東名高速を走る時は広場が豊かな富士川か浜名湖を休息に利用。中央高速に入ればいつも必ず休憩する南アルプスの見晴らしがとびきりの駒ヶ岳SA。このSAの名古屋方面下り線にドッグランがあるらしいが利用する機会がなく様子は不明。
 長坂インターから清里方面に向い、左手にロッジクルト。その奥には果樹園。
 早速バルトはドッグランで疾走。とてもしつけの行き届いた愛犬のセラを伴いハスキーが大好きだという果樹園のオーナーがランに。バルトの乱暴な挑発にセラは敬遠気味。友好を深めツーショット。
 荷おろしとケージのは組み立てを終えて散策。富士山が望める甲斐大泉「パノラマの湯」で手足を伸ばし、温泉で手にしたパンフレットのフレーズ「焼きたての石窯ピッツァをどうぞ」に惹かれて甲斐小泉駅近くの「GroveCafe」へ。エビとキノコは甘いトマトソースと心地よくなじみ、パスタとのからみも味も絶妙。きのことほうれんそうのピザは、サイズタップリでふっくらし、生地の舌触りがとてもなめらか。即座にレストランのファンに。

森林浴とおいしいハシゴ

 スタート前に開園早々の岩原果樹園へ。和梨のような歯触りとしゃきしゃき感はなく、舌先で押しつぶしただけでとろっとした甘い果汁が広がる洋梨を買い求め、追熟の手ほどきを受けて清里へ。
 「キープファームショップ」のレストランはバルト同伴可。牧場を眺めながら、滑らかなアイスシューを味わい、清泉寮界隈の草原と森林を散策。レースのような秋の雲が太陽光線を和らげるので、バルトは快調。ルンルン気分。
 昼食は141号線の牧場通り信号脇にあるカフェ「ペリカン」へ。ここもバルトは同伴。清里随一との口コミに違わず甘み辛みも頃合いで香りがよく、野菜の美味しいカレーに大満足。バルトはお店併設のドッグランで屈伸運動。柵にアキアカネが整列して休息。手を差し出すと「今年は遅れておりますが、まもなく下界に降ります」とばかりに指先にとまって挨拶。締めはたかねの湯で疲れを和らげ、帰路に。 
「ロッジクルト(Lodge-Kurut)」はB&B対応。
 部屋にはソファやテレビがないなど簡素な仕様。夕食を地元の料理をたっぷり味わいたい人や、部屋の広さを重視する大型犬同伴の旅行者などに推奨できるロッジ。タオル、バスタオル、歯ブラシは備えてありますが、部屋履きスリッパがないので持参がベター。
 ベットの上は犬厳禁。寝込んで気づかないうちに愛犬がベットの上にあがるおそれがある場合はケージやサークルが必需。

2010.12.6-7
伊豆高原2人6脚の旅

伊豆/大室山は「登山禁止」バルトガクリ 2010年12月6日

 伊豆方面に出かけることに。渋滞を避け、伊豆スカイラインを走ることに。
 富士山は霞も雲もなくスッキリシルエット。景色と軽い散歩を楽しみながら伊東へ。
 やはり大室山は徒歩での登山はできず、標高580mの山頂へはリフトのみ。5分程度とはいえ、バルトを抱えての昇降はいかにも危険なので敬遠です。
 楽しみにしていた山頂での周遊散歩を諦め、山裾の「さくらの里」へ。可憐な花びらがちらほら。
 僅かでも登山が楽しめないかと登り口をバルトと探索するものの、「登山禁止/地主」の立て看があちこちにあって睥睨。バルトもしり込みし、ついに断念。

伊豆/ドッグランで大疾走 12月7日

 憤懣を押さえきれないバルトを車に押し込み、大室山の付け根にある傾斜地にドッグランを設置しているカフェへ。「亡くなったうちのハスキーを思い出すねぇ」とオーナーママ。高みから転がしたオモチャをバルトが追いかけるので運動不足にうってつけ。大はしゃぎが治まりレストランへ。
 宿泊先は天然温泉の露天風呂と内風呂を備え海鮮料理がおいしいと評判の宿。
 1日4組のみのペンション。リビングルームとベッドルームの1ルーム二部屋づくり。大型犬同行には有り難い。仲間と来た折には夕食後にのんびりと宿泊室で談笑を楽しむにはうってつけのつくり。
 温泉はゆっくり浸かるのに適温。浴槽は二人が並んで足をまっすぐ伸ばせるゆったりした広さ。
 朝食は十穀米らしく香りが芳しい。伊豆でとれた魚の干し物など数品と伊勢海老のあら汁。手の込んだ献立。食後にデザートと珈琲が出されたのも嬉しかった。
 下田方面まで足を伸ばし、雲が陽を遮ってきたのを幸いに「赤沢日帰り温泉館」で湯三昧。
 湯上がりは伊豆高原旅の駅「ぐらんぱるぽーと」で伊豆ピカ一のソフトクリームをバルトと賞味。足湯があるのでドライブ息抜きベストエリア。「中大型犬用」と「小型犬用」のドッグランも設置。犬を放して手足を伸ばさせることができる。
今回は期間限定ひとり旅応援B&B対応の利用なので、いつもなら立ち寄り湯につかるはずの「高原の湯」に併設している食堂で夕食。豪華な「漁師おすすめどんぶり」に舌鼓を打ち満腹。伊豆高原地ビールを買い求めてペンションへ。

copyright©1991  musasi_balto all rights reserved.