バルトのお出かけ 2009年etail

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2009年のお出かけ

4月4日  バルトの実家への旅ふたたび  10月21日 お友達とBBQ 
6月21日 バルトの快適別荘ライフ  10月24日 オフ会山中湖旅行 
8月25日 ククルと那須旅行  11月2日  初雪体験の那須旅行 
9月21日 バルトの従妹たちとBBQ  11月20日 チビハス、そして琥珀 


2009.4.4-8
バルトの実家への旅ふたたび

父犬ジョーカーの風貌にそっくりのバルト

 バルトのお里帰り旅行をことしも決行することにしました。
 高速料金休日割引2週め。高速料金半額、上限千円といっても、毎週高速道路のドライブなんぞはマッハ族以外はないでしょうね。
 で、予測通り足踏み渋滞はなく、あちこち立ち寄って夕刻に焼津到着。マグロ料理屋さんの開店待ちの間に焼津港を見学し一休み。
  一日目は焼津泊。今回の旅行では、バルトは新規購入した組み立て式ソフトケージで車中泊。6日までは浜松周辺や琵琶湖湖北などを巡り、7日にバルトの両親にに近況報告の予定。

ジョーカー父さんとイヴ母さんにご挨拶しました。
こうしてみると父子の風貌はそっくり。
わずかにバルトが細面なのですが、これは母さんの血筋かもしれません。

乙女ハスキーと再会

 1年ぶりに乙女ハスキーたちと出会いました。犬友達とのかけっこなしで憤懣蓄積のバルトは大はしゃぎ。 かけっこをしたり、ガウガウしたり、写真ポーズをとったり、おやつに興奮したり。楽しいひとときをありがとうございました。美犬のそろい踏みでしたね。 バルトは「ありがとう、またきますね」と深々とご挨拶。日頃のしつけの成果というより、本音は遊びの誘いだと思いますが。

富士山麓の朝霧高原でのんびり休憩

 富士山麓の朝霧高原。ドッグラン施設は貸し切り状態。昼食。満腹しランに戻ると ハスキーの女の子がドッグランに。このところハスキーに出会うようになりました。この綺麗な子は3歳。

2009.6.21-28
バルトの快適別荘ライフ


 快適なドッグホテルに出会い、これまでは、犬連れでなければ先手必勝、後手はムサシやバルトとお留守番だった旅行に家族で出かけることになりました。
 お試しお泊まり済みのログホテルに着くと「あっ、ここボク知ってるよ」とさっさとフロントへ。
 バルトのリードを外すとドッグランを大疾走し大はしゃぎ。車を預け空港まで送ってもらい、しばしのお別れでした。
 旅先に送っていただいたメールの添付写真を見ると、嬉々として走り回っている様子。安心、安堵の反面なんだか気抜け。
 旅も終わりログホテルに到着。耳ペタ、お手攻撃で「お帰り」とバルトが駆け寄ってきたので気分を良くしてひとときの追いかけっこ。
 滞在の間にオーナーが撮ってくれた写真のバルトは欣喜雀躍。快適なホテル暮らしに大満足の様子。申し分のないログホテル。これからは気楽に家族旅行ができそうです。


2009.8.25-27
ククルと那須旅行

屋外ドッグラン2カ所、雨天用ラン、ワン温泉

 久しぶりにククルと待ち合わせて那須旅行。
 1日目はバルトだけ先行。1日2組のみのペンションには、屋外ドッグラン2カ所、雨天用ラン、ワン温泉。
 「ペンション沿いの河原と土手はノーリードでも大丈夫」とのことなので早速散歩。開放感に浮かれ興奮極限のバルトは弧を描いて空き地を走り回って大はしゃぎ。 と、何を思ったか、彼方のお泊まりペンション方向に向かってバルトがいきなり大疾走。焦り追いかけるも豆粒になって消失。向かったはずのペンション裏手ドッグランの戸口は閉まっていてバルトが入った形跡なし。ペンションの表口に回り込むと、バルトは、閉まっているペンションの玄関口付近で途方に暮れてうろうろ。出かけたラン裏口から飛び込もうとしたものの入れず、表玄関に回ったもよう。疾走の原因は、もしかしたらとぐろを巻く青大将にすごまれて臆病なバルトは仰天し、同行者を見捨てて遁走したのかもしれない。
  ワン温泉へ。かけ湯のあと露天風呂の回りで時折そろりと足を浸すものの深みにたじろぎ入浴の気配は皆無。日頃の疲れを湯治で癒してやろうと願ったのにガックリ。

 ペンションのドッグランでボール遊び

 木の香りが心地よいしっかりした造りのコテージを二区分し、ロフトもある客室が二部屋のみの仕様。
 1階にはツインベット。大型犬用の固定されたケージもあって親切な配慮。2階のロフトは犬禁ですが、4人程度は泊まれる様子。「お布団の上は犬禁」という制限は承知していたので今回はケージを持参。  フランダース地方の家庭料理フルコースとのことで期待大。お庭には安全安心のこだわりによって丁寧に育てられた野菜とハーブがつややかに成長。サラダどっさり。メインのローストビーフは肉厚で、噛むと柔らかで封じ込められていた肉汁があふれる極上品。テーブル脇で待つバルトにもメインを追加。急なお願いにもかかわらずバルトの夕食もつくっていただき大満足。
 自家栽培の旬の野菜がふんだんに盛られたサラダ。個性を主張する新鮮な野菜の香りとぱりぱり感が嬉しい。
 アジェリティーランと芝生ランで食後の運動を楽しんだバルトはオヤスミタイム。「ベットはダメ」。バルトは承知しましたとケージへ。静かで心地よい夜を迎えました。

那須塩原の箒川自然散策路

 道の駅でソフトクリームを食し、那須塩原の箒川自然散策路へ。かなりアップダウンが激しい。9年ほど前にこの地で撮ったムサシ。この渓谷歩道は犬とのトレッキングに最適。所々にあるパーキングで降りては遊びとトレッキングを繋ぎ、点在する温泉で汗を流しながら塩原に向かうと、自然たっぷり満腹。紅葉時期の景色は見事ですが、休日の渋滞もかなりでしょうね。

 朝から終わりを知らない ボール遊び

 ククルとの合流地点ガーデンアウトレットへ。芝生の広場やドッグラン、屋根付き回廊のあるいろんなお店にも入れるので、熱気を避けて待ち合わせるのには最適。 お久しぶりのご挨拶をすませ、那須中心部に戻ってお蕎麦と焼き魚を食べに。お泊まりのドッグランで身体をほぐすために追いかけっこ開始。
 宿泊ペンションは犬への優しさがたっぷり。お布団の上で眠れそう。お友達のママからプレゼントされたお手製のシャツを着込んでおしゃれ。この日もケージでスヤスヤ。
 ディナーはメインをお肉にした家庭料理。バルトにも低脂肪のワンディナー。デザートは食べ放題。食後にオーナーがわん撮影。翌朝にはバルトカレンダーをいただき感激。

 道の駅でソフトクリームを食し、那須塩原の箒川自然散策路へ。かなりアップダウンが激しい。9年ほど前にもムサシと歩いたこの渓谷歩道は犬とのトレッキングに最適。所々にあるパーキングで降りては遊びとトレッキングを繋ぎ、点在する温泉で汗を流しながら塩原に向かうと、自然たっぷり満腹。
 ククルとの合流地点ガーデンアウトレットへ。芝生の広場やドッグラン、屋根付き回廊のあるいろんなお店にも入れるので、熱気を避けて待ち合わせるのには最適。 挨拶をすませ、那須中心部に戻って蕎麦と焼き魚を食べに。
 ペンションは犬への優しさがたっぷり。布団の上で眠れそう。メイママからプレゼントされたお手製のシャツを着込んでおしゃれ。この日もケージでスヤスヤ。
 ディナーはメインをお肉にした家庭料理。バルトにも低脂肪のワンディナー。デザートは食べ放題。食後にオーナーがわん撮影。翌朝にはバルトカレンダーをいただき感激。

2009.9.21
バルトの従妹たちとBBQ

バルトの従妹たちとBBQ

 近所に住むバルトの従妹やお友達と愛犬談義BBQ。
 グレイでブルーアイの、シェルビーは2008年6月生まれ、グレイシァは2009年4月生まれで、およそ1歳違い。白黒のアイシクルは2009年4月生まれ。
 シェルビーとグレイシァの父犬は、フォトアルバム最後のブラック&ホワイト。異なる母犬は共にグレーのブルーアイ。シェルビーとグレイシァが並ぶと、真ん中に鏡を置いているのではないかと勘違いするほどの相似形、年の差違いによるコピーの拡大縮小版。
 アルバム最後のシェルビーとグレイシァの父と、アルバム最後から2枚目のバルトの父は兄弟だと思うのですが、確証がないので、血統図で確認しなければなりません。
 グレイシァとアイシクルは実に仲の良い姉妹。

2009.10.21
お友達とBBQ

牧場のような野趣あふれる木枠のドッグラン

 お友達が準備してくれたBBQに。会場は落花生の産地の近く。界隈に葡萄畑があるので早めに出かけて収穫。
  BBQ会場はドッグラン施設の中。広いフイールドに入るとバルトは狂奔モード。走り回り、お肉をタップリせしめて満足のバルト。時にバトルもあって大笑い。楽しかった。
  5区画あるドッグランは牧場のような野趣あふれる木枠の造り。お友達のワン達は、走り回り、時に塀を乗り越えたり脱走したりで、普段にも増して溌剌とし、とても幸せそうでした。

2009.10.24-25
オフ会山中湖わん旅行


 日頃のお友達と山中湖旅行。中央道都留インターから山越えで道の駅「どうし」へ。
 ムサシと発見した「どうし」川向こうの「かんとりーキッチン」の営業時間に間に合い珈琲をいただくことに。
 「ハスキーはこのところ珍しい」「ショーではいつもトップクラスを確保していますね」などと談笑。
 山中湖のお泊まりペンションからは湖面一望。紅葉が見事との情報だったのにあいにく靄のカーテンで眺望が薄れ残念。 バルトはお天気お構いなし。森に囲まれて興奮し、斜面のドッグランを駆け上がって筋トレに熱中。

 朝食が済めばいっせいにドッグランでまず腹ごなし。
 夜から激しくなった雨もあがり、バトル再開でバルトは快調。この日は11月中旬の冷え込み。雨も強まって小型犬たちには気の毒な気象。好みに合わせて目的地にスタート。
  バルト参加のグループは勝沼フルーツの里でぶどう狩り。今年の収穫期が少し早く期待の品種は楽しめず。 山梨フルーツ公園の上の「ほったらかし温泉」へ。山小屋のような建物の中に掛け流しの源泉。少しぬるめの湯は甲府盆地を俯瞰しながらゆったりと疲れを取るには最適。



2009.11.2-4
予想外の初雪体験の那須旅行


 紅葉狩りに栃木県の那須高原へ出かけました。
 初日はあいにくの雨。山登りのお楽しみは繰り延べペンションへ。雨脚が強くドッグランも早々に引き上げ部屋で休息タイム。宿泊室のベッドは犬禁。ソフトケージの前は食堂にセットして1DKに。オヤスミタイムも幽閉状態なのでバルトは理解不能。


 今季一の寒波襲来。夜半から那須も降雪。朝の散歩でも粉雪のダンス。那須岳の尾根や山肌は真綿に覆われたような冬模様。雪など予測外で、車も人も、足もと衣服は夏秋装備。
 この時期にめったにない二日続きの降雪と積雪の那須岳周辺は一面に真綿の絨毯。バルトは、山を見上げて「雪だよ」と興奮。「早く行こうよ」と駆け出し、雪の中に飛び込みモグラ状態で雪泳。
 向かった広大な千本松牧場はのんびり歩くと一回り半日はかかる。小雪が舞う不安定な天候。寒さに震えながらソフトクリーム。
 紅葉のアーケードを抜けて牛たちに面談。「ナンダ、オマエ」と近づく乳牛に頭を下げて「アソボ」のシグナルで挑むバルト。
 帰宅途中のガーデンアウトレットでバルトの胴長短足体型にフイットするレインコートを入手。

2009.11.20-25
ジョーカーとチビハス、そして琥珀  


 用向きがあって近江の里へ。で、バルトの実家を訪問し、ジョーカーたちとチビハス、琥珀との出会いました。いつもながらのウキウキするひととき。
 今回は、生まれていくらもたたないチビハスたちと元気いっぱいのパピーに出会い、ウイスキーに朝日に透過したようなレッドの琥珀に挨拶ができました。




 帰路は浜松で一泊。浜名湖湖畔は意外と遊ぶ場所が少ないのですが、浜名湖から少し離れた佐鳴湖公園はとても綺麗に整備されていて、自然を生かした庭園の設計も見事で、とても快適。お散歩をしている犬たちも多く、ドライブの疲れを癒すために立ち寄る心地良い休息地を新発見。
 ペンションに着くと、バルトは「ここ、来たことがあるよ」とドッグランに向い、早速、ボール遊びの体制。宿泊先にドッグランがあると、車に閉じこめられていたストレスと運動不足が発散できてとても嬉しい様子なのです。

copyright©1991  musasi_balto all rights reserved.