バルトのお出かけ 2007年etail

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2007年のお出かけ

■8月29日  バルトと初ワン旅行
■10月13日〜14日  那須高原にお友達とワン旅行

2007年8月29日−31日
バルトとわん旅行

2007年8月 ワン旅行の準備

 ■バルトが生後8カ月に。同伴泊まり先で困らないように、家では、食事中には必ずフセをさせ、トレーニング。排泄も、トイレシートの上に限定。もっとも、トイレのしつけについては、犬舎の教育が行き届き、子犬の頃から全くの失敗なし。
 というと利口そうだが、食事中には足下でフセ(かな?)はするものの、箸を置く音がすると、食事が終わった気配を察してか、決まってむくむくと起きあがり、「ワン、ご飯、わん」、オスワリとフセの連鎖攻撃。デザートもコースに入っていて、メインディッシュに次いでおやつの追加がないと引き下がらない。
 ■トイレについては、No.1がしたくなると庭に出てトイレシートのうえでジャー。No.2については、幼い頃は必ずトイレシートの上、最近は、臭いが嫌なのか、日の出前であろうと日が変わる時間であろうと、風や雨に関わりなく、「ワン、散歩」。シグナルの放置も出来ず、ぶつぶつ言いながらお散歩グッズを持って玄関に向かうと、玄関マットの上で「首輪をつけて」の体制に苦笑し、ついつい笑顔に。泊まり先での排泄の不安はかなり薄いのですが、初めてとは言え失敗は許されず、移動用のトイレと布団を泊まり先に持ち込むことに。

八ヶ岳にスタート 2007年8月29日

 バルトとの同伴泊まり旅行に初挑戦。家ではムサシよりもしつけをマスターしたとも思えますが、車での長距離走行、高速走行が初めてだし、多くの犬たちの臭いが残っている泊まり先で落ち着けるかどうか、レストランでオスワリが出来るかどうか。
 不安を満載しバルトを押し込めた車がスタート。

高速走行タイプに模様替え

運転席と後部席はサークルで区分け。運転席にバルトが乗り出してこないようにガード。助手席に座らせるとサイドミラーを隠し、周辺が把握できないので危険。お泊まり用のお布団が持ち込まれたりで、バルトは日頃と違う雰囲気に少し焦り気味に。

いざスタートだ

「どこに出かけるの」と問いかけるバルト。体制も整い、7時にエンジン点火。平日なので渋滞もさほどなく快適。目的地に向かう走行中には、この間のトレーニングが功を奏し、車慣れしたバルトは後部席で居眠りを開始し、体力温存。車酔いもなし。

サービスエリアで奇遇

高坂SAで声をかけられる。「ウチのベアーが誘拐されたかと思った」とのこと。なんとベアーとバルトはお里が同じ。奇遇極限。清里界隈のあちこちで休憩したり、食べ歩き、遊んだり。ようやくお泊まり先の森のドッグランで解放。手足を伸ばしひと走り。

行儀よくディナーに随伴

不安を抱いてテーブルに

お家での食事中はテーブルの下でゴロリと一眠り。カタンと箸を置く気配がするとむくむくと起きあがってオスワリし「ボクのご飯ちょうだい」とオテの攻撃。初めてのレストランでの食事なので不安を抱いてテーブルに。バルトは足下でフセ。

お食事終わったの

いずれのテーブルもワンちゃん同伴。フレンチはなかなかのお味でした。バルトのフセが続いているので、ナイフとフォークも自由に使え、ホッ。デザートをいただき、コーヒーを飲み終えると、ムクッと起きあがり「ボクのお食事は」の催促。

食事前にひと運動

ドッグランは、森に囲まれ起伏のある大型とテニスコートが改良さた二つの3つ。お泊まりは気楽なコテージ。ランチを終え、お泊まり先に向かう前にドッグランで一走り。いつもの仲間がいないのでバルトは追いかけっこが出来ず拍子抜け。

軽井沢散策

> 初日はトラブルなくクリアー。二日目は、ムサシとのおきまりドライブコースを辿り八ヶ岳界隈を散策。バルトはムサシの足跡を辿りました。この時期、清里周辺はすでに夏のシーズンオフの気配。あちこちのプレイゾーンのお店のかなりが早々と閉店。設置されているドッグランの囲いも外れていたりして、寂しい限り。早々に泊まり先の軽井沢へ向かうことに。

コテージで快適に

お泊まり先は、ムサシと訪れたことのある姫木平のコテージ。気温は20度を切り、バルトはコテージのベランダでごろり。ほどなく睡魔に負けて熟睡。さすがに疲れた様子。この夜もサークルの中で静かに眠り、双方共に熟睡できました。

清水に酔う

バルトにとっては初めての清水。普段は溝に入ろうとすると「ダメッ」などと叱られているのに、いきなり川の中に誘われて、事態に判断がつかない様子。そのうち、流れる清水に舌先を差し入れ「こりゃうまい」とばかりにゴクリ、ゴクリ。

いつもにぎやかな軽井沢銀座

いつもながら混雑の軽井沢銀座。道案内になりそうな貨物配送車についていたら、突然の進入禁止。なんとか脇道に入って混雑を回避し、駐車場探しにあくせく。ようやく、教会関連の駐車場でわずかなスペースをスペースを見つけ、慎重に縦列駐車。

詩人犀星を訪ね、ランチへ

静寂を求めて

暑くなり、バルトの鼻息が荒いので、木陰を求めながら散策していると室生犀星旧居の案内。車は通れそうもない土の道に入っていくと、この界隈は木立と静かなたたずまい守られ、車の進入も禁止で、喧噪から隔絶されていました。

バルトは門番

敷地内はペットの立ち入りが禁止。バルトは敷地の入口で門番をかねて歴史案内。このあと、バルトは、ジョン・レノンもお気に入りのパンを少し食し、おやつにいただき、バルトも同伴できるレストランでのランチに向かいました。。

バルトのごちそう

レストランで落ち着けないバルトは車へ。犬用の骨付き羊の肉をオーダーしたところ、予想以上になかなかのボリューム。少し削り取って車で蟄居状態のバルトに出前。バルトは舌なめずりして大喜び。あとはランチを楽しみました。

2007年8月31日

朝から強い雨。霧も深いので、車山登山は諦めて、軽井沢方面へ。 この時期も、軽井沢銀座は雑踏。人の波を避けて、車の乗り入れが禁止されている犀星旧居の界隈へ散策。自然な土の道が心地よく、静かでした。 ボクも詩人になりたいんだけど、と言いつつ、中には入れないで抗議しているバルト。 ランチはフレンチ。バルトの同伴も許されるお店。ワンエリアは白い石が敷かれているベランダコーナーなのでストーブつき。
 ところが、石と土に落ちた料理のソースなどが染みついているためか、クンクンと匂いを追いかけて落ち着かないものだから車に戻されてしまい、バルトは愕然。 ところが、バルトへのおみやげとしてオーダーした評判の「ワンのための羊の骨」が先に出され、これがメインのお料理としていただきたいほどの素晴らしさ。

2007年10月13日〜14日
那須高原にお友達とワン旅行

 2007年10月13日に犬友達と那須高原にオフ会のワン旅行。15人に犬12頭の大所帯でペンションを借り切り、楽しいひとときを過ごしました。
 バルトにとって、犬友達とのワン旅行は初めての経験。とはいっても日頃の顔馴染みばかりで気の置けない者同士の気楽な引っ越し。個別のワン旅行とは異なり、とても楽しいひとときを過ごさせてもらいました。今回はさらに一泊して知人宅を訪問。
>

2007年10月13日〜15日 那須界隈を周遊

■那須塩原を経由し湯守田中屋で露天風呂を楽しんで那須高原へ。泊まりはペンションオリーブ。全7客室がウッドデッキから夜間照明付のドッグランに出ることが出来るので、まったく気遣いの必要がないワン仕様のペンションでした。しかも犬友達で借り切り。
■夕食もわん同伴。テーブル毎にワンのリードフックと腰高の仕切があるので、隣を気にしないで食事に専念できるのも嬉しい。バルトはまあまあのマナーを披露した(と思う)が、コーヒーを飲み終えるとそわそわし始めたので、早々に失礼してお散歩に。夜は懇親会で犬談義にもりあがり、少し早くお休みタイムに。
■バルトがサークルを嫌うので自由にしたら、部屋の隅に陣取ってゴロリとお休みタイムに。バルトの挙止を監視していたこちらも身をまるめて微動だにしないバルトをみてつい気がゆるみ、いつの間にか睡眠状態に落ち込み、共に、窓がうっすらと光を帯びる頃に目覚めた次第。バルトに何ら粗相と悪戯のあとがなく安堵。
■バルトと早朝散歩に出かけ、ペンションのワンちゃん専用プールで水遊び。初めは浅瀬で水浴びをしていたバルトは、何を思ったのか、水深1メートルの深みにいきなり頭から飛び込んだものの、足が届かず焦りまくり、首をつかんで引き上げるハプニングに大笑い。なんか親子の絆が深まった気持ちですが、バルトは真っ青でした。犬掻きが出来ないのか、ただ初めてのことでびっくりしただけなのかは、バルトが釈明しないので、今もって不明ですが。
■ペンションをチェックアウトあとは、紅葉に染まりに出かけ、マウントジーンズ・スキーリゾート那須のゴンドラに乗ったり、恐怖におののきながら揺れる吊り橋を渡ったり、一緒にそばといわなを食べたり、グループ旅行ならではの笑いが弾ける楽しいひとときを過ごし、解散に。その後、那須塩原に戻って、みかえり温泉採花の湯で疲れを癒して、ふたたび那須高原に戻り、かってムサシと泊まったコテージへ。この日もバルトはケージなしで何ら困らせることなく眠り、ワン旅行への自信をさらに深める旅になりました。