バルトの冒険談 2010年etail

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2010年1月

1月4日  新年バトルはじめのご挨拶

お正月休みが早くも概ね明けたようなので、ドッグランへ。数日ぶりにというか、昨年以来というか、日頃のお友達に出会えてバルトは大はしゃぎ。バトル開始に先立って、礼儀正しく年頭のご挨拶をする格闘友達。

1月24日 長寿犬ギネスに挑戦

世界最高齢犬はイギリスのダックスフントとテリアとの雑種犬で20歳8カ月の「オットー」。飼い主は、たくさんの愛情、健康に良い食べ物、そして獣医師による定期的な健康診断がオットーの長生きの秘けつと強調。バルトも3歳を迎え健康で新年に。友達と一緒にギネス挑戦。

2010年2月

2月2日 思いのほか雪に冷ややかなバルト

「雪」。一昨年のこの時期には10センチほどの積雪があり、バルトは大はしゃぎ。今朝の雪はお昼には溶けてなくなりそう。期待はずれの降雪のせいかバルトは今ひとつ気が乗らない様子。ドッグランに出向いても、雪と戯れることなしにボール遊びを催促するだけ。

2月12日 春告げの河津桜

伊豆では河津桜の花見シーズン。バルトが朝と夕方に一回りしないと納得しない公園に二本の河津桜が、毎年、慎み深く春の訪れを告げてくれる。

2月14日 暖冬ですが雪の日は多い

朝のお散歩を渋っていたバルトが重い腰を。雨かと思いきやかすかに粉雪。公園に向かうと、芝生の上には霜と見間違う程度にうっすらと雪。バルトの丘で友達待ちするバルトの頭にはごま塩のような雪が。暖冬といわれる今年、僅かながらもユキンボの訪れが多いかも。

2月15日 我が家のご主人様は

新年会での来賓のお話。「犬という漢字は『人』の右に『犬(点)』がある」。「大の字はご主人、部首の点犬か」と納得。その夜。身を縮めて寝ながら「我が家は『大』の右上に『点(人)』」。バルトの大の字ヘソ天爆睡添い寝を初公開。バルト25`。羽毛布団が沈み込む。

2月21日 もはや「アツイ」

バルトの赤鼻。秋の気配が強くなると日照時間が短くなり、鼻の黒色色素が白濁ではなく赤濁し、クリスマスには赤鼻のハスキーに。ムサシも同様。ハスキー、あるいは犬たちに共通の現象か。今朝は思いの外あたたかく、「アツイ」とバルトの雄叫び。鼻先は黒くなるだろうか。

2月22日 河津桜は満開に

公園の河津桜が満開に。青空にピンクが透け、ソメイヨシノなどより子供っぽい感じ。バルトはといえば、依然として食欲は衰えず、24`の目標制限値を超えて25`を記録。近づいてきた混合ワクチンのランクを気にする必要がなくなりがくり。またお小遣いが減るのだ。

2月28日 納得できないこの処遇

まもなく3月。裕福ではないが、家の作業個室にもエアコンは備えてある。しかし机に向かえば温度調節役のバルトが監視を開始。冬の深夜なのに、スイッチは入れずダウンを着込み、熱いコーヒーをすすりながら震えての作業。暖房費はエコ、夏には防寒着を着込んでエアコンをフル回転させ、一年を通して極地暮らしの厳しく楽しい我が処遇。

2010年3月

3月3日 「お久しぶり」がいいネ

ムサシの命日。バルトのワクチン接種。「久しぶり。バルト元気そう」と、ムサシがお世話になったお医者さん、スタッフの皆さんの笑顔。バルトはワクチンと狂犬病注射、フィラリア検査だけが検診の機会。やはり「お久しぶり」が何よりです。バルトは今夜も呑気に爆睡体制。

3月5日 土筆を食して春を愛でる

「今日はお散歩短縮だな」 と息をつくと、バルトはドッグラン方向に進路変更。日頃は車のルートが思わぬ早駈けになり汗をかきながらのお供。帰り道。バルトが歩道脇に屈んだので「拾い食いか」と目を三角にしたところ、風流にも土筆を食んでいた。しっかりと春の香り。

3月6日 見事ゴールでタッチ

今日は雨だとの予報だったので窓を覗くと路面が僅かに濡れている。「なるほど。今がチャンス」とバルトの指示に沿って散歩へ。雲の動きを察してかバルトは早々に用足しし、のんびりと公園を一週。
小雨模様になってきたので急ぎ足でお家へ。玄関でタオルに巻かれてお湿り程度のぬれ具合を確認。レインコートなしでお散歩を終えたバルトはゴールのタッチ。実はご褒美の催促。

3月7日 雨の日のぐうたらバルト

いっこうにバルトのお散歩催促なし。雨の日のぐうたらモード。
机の後ろにくっつき、ひたすら雨が上がるのを待つのがバルト風。
ぎりぎりまで我慢し、観念したかのように振り返りながら玄関に向い、レインコートに包まれて外へ。手早く用足しし、急ぎ足でおうちへ。
孝行息子です。

3月17日 バルトのお留守番

用向きができ暫くバルトと散歩ができない。出かける準備でバタバタしている様子から事態を察知したのかどうか、やたらお腹を突き出してタッチを求めるバルト。公開できるスタイルではないので、雰囲気だけアップ。このまま鼾をかいて爆睡体制に。なんともはやお気楽犬。

3月19日 やはり気になる犬の暮らしぶり

リスボンとマドリッドなどに出かけることに。バルトは定宿になりつつあるドッグラン付き快適ペットホテル8泊。出先の街中ではノーリードで歩いている犬や放し飼い状態の犬に頻繁に出会い、つい、交通事故などいらぬ心配を。ハスキーに出会わず残念。

3月24日 珍犬に出会う

ドーンと壁にぶつかると、目の前に見たことのない犬が。目をこらすと、壁面に、影絵のように書き込まれた犬たちのイラスト。センスの良いシルエットに見入りながら、バルトの肩から腰、腰から尾の先へと、尾根から山裾にかけて緩やかに流れ落ちるラインを浮かべしんみり。

3月25日 犬との休息タイム

バルトとの散歩から離れて1週間。公園で愛犬をそばに従えて犬友達と談笑する姿が羨ましい。
「明日はバルトと追い駆けっこするぞ」と胸を高鳴らせるこの日。

3月28日 バルトの驚喜とストレスの案配は

旅先にバルトの近況が。同宿のお友達と追い駆けっこを楽しみ、嬉々として毎日を過ごしている様子。宙に浮いて、満面の喜び。ペットホテルに帰着するとバルトは喜びの迎え。家に着くやドッグランに向い、お友達とかけっこ。翌朝は11時まで共に熟睡。

3月30日 三寒四温

春先なのに寒中と変わらない身支度で散歩に出かけるこの頃。それでも、身をすくめていた桜も蕾をほどき、春だぞと大笑いする雰囲気に。バルトはというと、相変わらずのスキップでお散歩。これからがバルトにとって難敵の季節。

2010年4月

4月1日 うきうきバルト

旅行中にバルトが宿泊したドッグホテルはドッグランで走り回れる待遇の良い宿。相棒のベットに潜り込んで眠れない日が8日も続き、バルトの寂しさが累積していた様子。軟便も回復。おしゃべりをやめると振り返って確認しにこにこ顔でお散歩。桜がまた首をすくめてしまった。

4月3日 桜が咲いた、春ですねぇ

ようやく春ムードに。桜の開花も勢いをまし、バルトはお花見。気のせいか、バルトの鼻先が少し黒ずんできたようす。この時期、相棒の眼の周辺は蟻でも駆け回っているのではないかと思うほどのかゆみ。鼻のパッキングが緩み、くしゃみ連続のきつい季節。

4月10日 バルトおまえは幸せだ

くしゃみクラックション鳴らしながらの相棒のお供を尻目に絶え間なく花の中に首をつっこむバルト。花粉症と縁なしのバルトは春の香りにルンルン気分で花から花へと蝶の如く訪問を繰り返し嬉しそう。

4月11日 お友達とお久しぶり

ムサシ時代からのお友達のクロラブ。
バルトがラブちゃんのお尻をつっついて「うー」と絡まれるのが楽しみ。
出会えば公園を一周し、お家まで四方山話。
旅行とバルトの寝坊が続き、久しぶりの近況報告。
バルトの姉御格のこのクロラブはいつもお父さんから視線を外さない。
バルトはといえば、草花とのお話に余念なし。

4月11日 桜散り始め花粉症満開

開花の早かった桜が寒さのぶり返しで勢いは衰えず、今年は存分に花見の散歩。それでも季節の移ろいは止められず、風に舞う花びらが増え、バルトもしんみり。この時期、相棒の花粉症は爆発状態。上まぶたは腫れてたるみ垂れ下がるほど。くしゃみ連発で涙腺は破裂状態。目を閉じての毎日のお散歩。

4月12日 お利口歯磨きバルト

バルトのダイニングはシーツの上。食器が出るまでふせて待ち、お手とヨシで食事の開始。メインを食べきり、デザートで満足すると、ひずめで歯磨き開始。お利口バルトと褒めちぎってきたのに、ドッグランでお友達の日常も同じだと知り、ガックリ。

4月21日 ナットクデキナイ、ご機嫌ナナメ

ドッグランで初めて出会った仔に遊びを誘おうとしたので叱ったら「ナンデダ」と抗議。 お掃除タイムに柵に縛ったら納得できないという顔つき。お家に帰るや「ゴハン」と大変な剣幕で催促。食べ終わるとソファの端に身を丸めて陣取り、冷たい視線。 ご機嫌ナナメのバルト。

4月24日 バルトのお気に入り

バルトの大好きなパンジー。綺麗に咲き誇る季節に。
それにしても寒い春というか晩冬というか。吐く息がまだなお白い朝。

4月25日 バルト三角定規になる

狭い作業室の入口でお散歩催促直前のバルト。準備運動というわけでもないのだろうが、首と胸とお腹は直角、三角定規状態。
実に、軟体動物に近い柔軟体操中のバルト。

4月26日 強者どもが夢の後

今年は寒さが戻ったので桜を楽しめる時期が長いだろうとの下馬評。が、雨と風の勢力に負けて、桜見物でにぎわった公園も雨後は池状態。
シートを敷いて酒盛りに歓喜した強者たちの期待を砕き、桜は早々に散り落ち、公園は静けさを回復。

4月27日 花の季節の訪れ

バルトのお散歩道の彩りが華やかに。この花はバルトのお友達のお家の近く。
バルトは必ずこの木を見上げ、お友達のお家の気配を観察。
その後に取るコースによって、お散歩時間は倍増。

4月28日 お友達待ち

桜の季節も終わり。朝のお散歩タイムが早くなってきた。
お友達に出会う機会が薄くなり、公園を見回すこの頃のバルト。

2010年5月

5月7日 いよいよ夏の到来です

つつじの色彩が濃くなり夏の雰囲気に。ムサシはこの時期から舌を垂らせて「暑い、暑い」を主張。
まだ若いバルトは、この時期程度の暑さは我慢して散。
お家に着くや、バケツの水を両手でくみ出して水浴びする始末。

5月7日 那須=土砂降り、楽しい夕食/のち晴れ

ボーターコリーのククルちゃんご家族と那須高原へ。佐野SAドッグランでの待ち合わせ時には雨脚が強まり、バルトにとっては涼しいドライブタイム。のんびりとペンションへ。夕食を済ませて部屋に戻ると、雨も上がり、うきうき気分。お泊まりメンバーも次々とドッグランに繰り出し、楽しい談笑のひととき。

5月8日 麓は夏でも尾根筋は残雪たっぷり

那須連邦尾根筋には残雪。ミニチュアダックスのオモチャを取り上げて逃げ回るバルトのやんちゃに冷や汗。マウントジーンズの今年の水仙祭りは1週間の期間延長。4月後半に山麓でも積雪に見舞われた寒い春。犬も乗れるゴンドラの終点、標高1,400メートル付近の尾根筋中腹から頂上に向かっては残雪が豊富。

5月9日 ほんとに美味しいはちみつ

8日の宿泊は西那須野の温泉旅館。コテージ風の別棟は犬も同宿可。本館の源泉掛け流し大風呂でのんびり。途中立ち寄った店内には数十種類の花から運ばれてきた花とミツバチの共同制作による銘柄純正品。試食用のはちみつには各々に個性が。花たちとミツバチが提供してくれたうれしい恵みとお店の新発見。

5月16日 ハスキーズとのひととき

お誘いがあってハスキーズメンバーと会いに私営ドッグランへ。ランは大中小の3区分。木陰のランはフリースペースになっていて休憩用。ハスキーは20頭近く集まり、従妹のグレースと久しぶりの出会い。気温が上がり、ハスキーズは木陰のフリースペースへ。バルトは、久しぶりに蘭蘭ちゃんにあいさつ。

5月23日 雨の日の雲隠れ/頭隠して

雨の日。玄関の網戸、裏庭の網戸から外を窺い、行ったり来たり。雨脚が強いとオヤスミタイムに入り、お散歩拒否。「イクゾ」とリードを持つと決まって食卓の下に潜り込んで雲隠れの術。尾は隠しきれず、引きずり出されるバルト。雨の日にバルトが散歩をねだりにくると、しだいに小雨になり、やがて晴れ間も。

5月28日 牧場でバルトはドッキリ快走

清里のペンションのオーナーは気さくなドイツ人。ハムやソーセージなどがメインの料理が美味しい。「『バルト』とは『森』ですか」という問いかけは初めて。やはりドイツ人。
八ヶ岳の岩稜を眺めながら牧場のドッグランで一休み。中学生がラン入口で戸を開けたままに。バルトは入口に向かって疾走し遁走。
探すとソフトクリーム店のテラス席に陣取って女性店員にお手。ちゃっかりと好きなバニラをオーダーしておりました。

2010年6月

6月13日 リザーブ兄さんと帰郷

リザーブ兄さんと打ち合わせ帰郷。ジョーカー父さんと揃い踏み。左から、リザーブ、ジョーカー、バルト。この日の目的地は飛騨高山。前夜の車中泊が不満だったのか、バルトは、「今日は一緒に寝ていいんだ」と嬉しそうにベッドに飛び乗り、爆睡体制に突入。

6月14日 バルトに気の毒、温泉三昧

バルトは晴れ男。白骨温泉で立ち寄り入浴し、乗鞍高原のペンション。啄木鳥のパーカッションつきオーケストラに聴き惚れるバルト。 ムサシと乗鞍に来た時は、雲上3千b近くの畳平から下界を見渡したもの。現在は進入禁止。トレッキングなし。

6月15日 美ヶ原でミニトレッキング

乗鞍から松本を通り過ぎ美ヶ原へ。頂上路下の駐車場から先は「自然保護」のためにペット禁の看板。周辺をミニトレッキングして運動不足を解消し嬬恋へ。ペンションには千5百坪のドッグラン。
雨模様が濃くなってきたのでランを点検しボールに疾走。

6月16日 晴れ男、バルトの魔術

朝寝をしていたバルトがむっくりと起きあがり「サンポ」。ドッグランでバルトが空を見上げてブツブツ。雲の切れ間が広がり、木々の葉が光り始める。嬬恋、北軽井沢を彷徨し、旧軽井沢へ。ジョン・レノンを偲んでパンを抱えながら車に。

6月21日 夏至/冷房解禁

朝側と夜側の分水嶺、夏至。夜中なのにハァハァと嫌みなバルト。
クーラーを入れると向きを変えて「冷気を逃がさないぞ」の構え。ベッドカバーには舌から垂れた涎のシミが。

6月30日 サッカーとバルトプリントシャツ

パラグアイ戦を見ながら、バルトのイラスト作成再開。作業は前夜に続き延長戦。位置が悪い、プライベートながら深夜に及ぶサービス残業みたいなものだが、バルトがらみのハンドメイド作業は楽しい。

2010年7月

7月9日 魅力的なボディーライン

犬たちそれぞれに多くの魅力を持ち合わせている。ハスキーの体躯のラインは高原のような柔らかさ。瞬発力に長けた骨格と肉付き、マフラーにもなる尾の毛のボリュームと垂れる流れがほどよく釣り合っているハスキー特有の魅力ではないか。身体を丸めて眠っている時の背中から尾にかけてのラインはことのほか可愛く魅惑的。どういうわけかバルトは、幼い頃から、部屋の直角片隅ゾーンを背にしてこのスタイルで眠るのが大好き。

7月11日 ムサシ時代のおつきあいは続く

久しぶりに、クロラブ、ゴールデン、ジャツク、チワワのお友達と朝のピクニック。この公園にはムサシのお散歩デビュー以来の思い出がたっぷり。集まった仲間もムサシ時代からのおつきあい。お友達の励ましに支えられてバルトとゴールデンは2代目。

7月12日 長雨にうんざりバルト

雨続き。お友達にも会えず、退屈しのぎに屋内ドッグラン気分で運動不足の解消に挑戦したが・・。数歩走ればガラス戸や家具などの障害物に行く手を遮られ、急ブレーキで方向転換。幾度かは試したものの、ついに「つまらない」とボールを顎枕にウンザリ気味のバルト。

7月14日 黒ラブのお姉さん

あちこちで集中豪雨による災害。関東では雨が降りそうで降らない。クロラブお姉さんにバルトは不埒にもお尻にタッチして「アソボ」。「このいたずら坊主」とばかりに叱られて飛び跳ねるバルト。険悪シーンに見えそう。これはお遊びの一幕。穏やかムードのツーショツトがバルトとクロラブ姉さんとの仲良しムードを証明。

7月17日 「朝涼み」大好きバルト

暑さがきつくなったこの頃の朝のお散歩。公園のひとまわりが終わると、直射日光を避けて気に入った木陰に入り込み、バルトの休憩タイム。腹ばいになり、相棒の足を枕にのんびりと「朝涼み」しながら、お友達待ち。

7月29日 寒風吹きすさぶ寝室

真夏日襲来のこの数日、エアコンがフル稼働。机のライトが消え寝る気配を感じると、玄関先で流れる冷風で涼んでいたバルトがすたすたとベットに上がり込んできて、すばやくヘソ天。夏と冬との違いはエアコンの稼働。冬は停止。夏は冷房。年中寒風が吹きすさぶ部屋。布団に潜り込んで暖を取っている熱帯夜。

2010年8月

8月1日 バルトの幾何学出題

8月に突入。猛暑日攻撃に集中豪雨。不順な天候に困惑している世間を尻目にバルトは玄関で直角体制。「タイルは10センチ四方。ボクの背中の長さは」と数学の出題か。なぜか角地が大好きなバルト。

8月4日 スイカ大好き

スプーンですくって食べる脇でバルトが「もちょうだい」とオテ。果汁ひたひたのスイカプレートを作ってバルトの食器に。バルトはバルトダイニングへ。果肉を食べ、果汁を飲み干し、皮の内側に残っている果肉を少しかじって「うまかった」と舌なめずり。

8月6日 メロンで夏ばて対策

バルトデザートは夕張メロン。二つ割りにして果肉を少し食べ残し、果汁を絞り出してバルトに。「マッテマシタ」とバルトは果肉をたいらげ、果汁を鼻先で押し絞って水分が枯れるまで舌先でぺろぺろ。アキアカネも時折スイー。今年は意外と秋の訪れが早いかも。

8月12日 狭い室内で夜の作業

バルトのイラストをアイロンプリントでTシャツに転写。しわになったり色抜けしたり。そこでシルクスクリーン印刷を試みることに。手軽に使える電光機材と資材を手に入れ、紫外線を遮断できる夜に感光作業。ウエアーの黒地を活かして白ラインを単色プリント。

8月14日 ゴキブリとゴソゴソ

多色刷りは困難。二色刷はどうかと試す。手の込んだ細工はやめ図柄を大きく、紺地の上に白塗り。乾いたところで黒地を上塗り。多少のずれは覚悟の上でトライ。バルトは五月蠅そうに廊下へ。夜な夜な薄暗がりでの不審行動を通報されないかとドキドキもの。

8月16日 お散歩泥落としの儀式

朝夕の散歩が終わると玄関でお出かけ締めのお楽しみ。たらいに水が満たされ、前両足を水につけて涼を。次いで水かきでお腹を水浸しにして冷やしご満悦。仕上げは前足をたらいから出し、後ろ両足を漬けて泥落とし。

8月17日 「汗」が滝のように垂れ落ち

猛暑日もリターン。早朝でも、日が差し始めると、バルトの舌からは「汗」が滝のように垂れ落ち、気の毒。あと僅かと励ましながらの散歩。ムサシに比べてバルトは暑さに強いようなおもむき。散歩を終え、玄関から飛び込めば、ケロッとして、「お腹空いた」のサイン。

8月21日 日光浴は適切か

バルトの鼻先に黒色色素が少し戻ってきたような気が。春先は縦にピンクに近い色模様が広がって少し弱々しく見えた。白黒ハスキーの鼻先はやはり真っ黒が似合う。ムサシもそうだったが、夏にはタップリ紫外線を浴びて鼻先も日焼けするのか。

8月25日 ダイエットが進まない

7月末のシャンプーでの計量が25.8s。24sを上限にしていたのに。バルトが隠れて買い食いするはずはないので相棒達の責任。酷暑に負けて食欲が落ちるかと期待したが、健啖ぶりは衰える気配なし。寝ている姿は陸に上がったトド。食欲減退を案じるよりはましか。

8月27日 ポーズをとるバルト

陶器作りのためにお友達の前でデッサンのポーズをとるバルト。カメラ目線になれているバルトなので、しばらくは我慢するが、じわじわと立ち上がってデッサンしているお友達に「アソボ」。来月は、お友達3頭とNHK教育テレビ朝番組「シャキーン」に顔を出す予定。

8月27日 コーギー君とムサシとバルトとのつながり

いつもお散歩で挨拶をするコーギー君。今朝は公園の高台で肩を並べて一休み。かなり「マイッタ」とばかりの舌先アピール。コーギー君が初めてふれあった大型犬がムサシだった。2003年の5月。ムサシ11歳直前の頃。

8月28日 たらりたらりの毎日

鼻から、舌先から、交互に雨だれならず、汗かきと涎。バルトは割と暑さに強いと思うが、さすがにウンザリ気味。散歩も、歩く時間より、木陰での休憩タイムの方が長いこの頃。

8月29日 ボクは動かない

木の葉が暑さで焼け落ちる木陰でストライキ。「お友達が来るまでは動かないぞ」と座り込み。腹ばいになって朝から涼む体制のバルト。あちこちの木陰でも休憩仲間がおやすみモード。

8月31日 我慢も限界か

ゴロリと休憩していたバルトが突如「ウワーン」 。さすがに、しぶとい猛暑攻撃に対抗する気になったのか。

2010年9月

9月1日 季節は律儀・・・・コスモスも

遂に9月。酷暑も朝夕には少し遠慮がちになってもいるようす。でも、退散する気はなさそう。季節はきまじめ。焼き付く日差しに耐えながら、出番だよとコスモスの花も風に揺らぐ。バルトの顔にも少し穏やかさが。

9月2日 食欲だけは衰えず

相変わらずの猛暑日続き。記録更新し戦後トップに。「食欲が落ちてくれればダイエットになる」と期待したが、バルトの大食漢ぶりは衰えなし。今日も定食を完食し、食器を抱えて追加催促。

9月3日 堪忍袋の緒が切れた

コスモスも揺らぎ秋の気配も。猛暑日はいっこうに退散の気配なし。我慢の限界か、バルトが遂に「退散しろ」と抗議。まあ、効果はなさそうだが。

9月7日 驚嘆するすばらしいプレゼント

お友達から待ち合わせメール。木陰でごろごろしていると、お友達姉妹犬が加速しながらバルトめざして大喜びのダッシュ。
「これネ、この方に描いてもらったよ」と手渡されたのはバルトの絵。我が子ながら「実に愛らしい」バルトが額の中で生き生きと。目はくりくりと好奇心にあふれ、耳には集音機なみの緊張感が。名札「BALTO」も書き込まれ迷子の心配もなし。毛並みにはボリューム感と弾力感にあふれ、チロリと垂らしている舌先がゆらゆらと。
散歩の折りにこの方のスケッチブックを見せてもらい、犬のデッサンに惚れ込み、バルトの絵の制作を依頼してくれたとのこと。バルトはほんとうに幸せな奴。飛び上がるほど素晴らしいプレゼント。

9月8日 額の絵に興味津々

バルトが休息している前に額を置いて絵画鑑賞。額と絵とが綺麗に融合してとても落ち着けるひととき。
バルトが「ナニ」と寄ってきて、額の中の「ハスキー犬」を眺め、臭いを嗅ぎ、後に回って首をかしげ、伏せの姿勢で満足げ。

9月15日 バルト肥ゆる秋か

猛暑も出番が多すぎて疲れたのか舞台裏に退散。朝夕は体感的には肌寒さを感じるこの数日。バルトも涼しい風に心地よさそう。26`に近づいた夏の入口。夏ばてで食欲減退しスリムにと期待したが健啖ぶりは衰えず。ドタリと寝ころんだ姿は、ゾウアザラシスタイルでくびれなし。

9月21日 バルト主演か・・・・

お友達とNHK3チャンネル教育テレビ「シャキーン」の1コーナーに出演。「どの犬が一番早く立ち上がるか」というクイズコーナー。海辺の公園で撮影。楽しみにしていた9月16日の放送を見ると、バルトが真ん中で、一番早く立ち上がるという、一番目立つ「主役」級扱い。

9月22日 にんにくを食べて先送り

「人を訪ねる面倒も ニンニクを食べれば 先送り」といったマラルメの詩を読んだばかり。バルトのシャンプーも、計量があるので怖く、餃子でも食べて、先送りしたいところ。オフ会の泊まりもあるので、重い腰を上げて・・・・。不安は的中。今回は26.6`の限界値。

9月27日 軽井沢彷徨

犬友達と1泊2日で嬬恋のアスプロスへ。馬場のような広大なドッグラン。すべてがのびのびムードのホテル。バルトは大好きなお友達と日頃の大はしゃぎをさらに拡大し大疾走。バルトはさらに北軽井沢で追加の1泊。オフ会両日の好天が一変。バルトは憤懣タラタラの仏頂面。

2010年10月

10月8日  切羽詰まって

数日のあいだ出向く用件が直前に。頼まれながら延び延びになっていたTシャツプリントのイラストに迷いの切りをつけてゴー。これでスッキリと旅立ち。

10月9日  旅の出会いを祈ります

見晴らしと草地が綺麗な浜名湖SAの「恋人の聖地」。いい出会いがあればと祈っているバルト。東名高速にはここまでのSAにドッグランがあるのですが中小型犬用。東名高速を走る時は広場が豊かな富士川か浜名湖を休息に利用。

10月11日 快適なロッジ。温泉、ディナー

長坂インターからロッジクルトへ。夕食は甲斐小泉駅近くの「GroveCafe」へ。パスタの歯ごたえが心地よく、エビとキノコは甘いトマトソースとよくなじみ、パスタとのからみも味も絶妙。「ロッジクルト(Lodge Kurut)」はペット同伴対応B&Bのロッジ。

10月12日 森林浴とおいしいハシゴ

果樹園で洋梨を買い求め清里へ。「キープファームショップ」のレストランでアイスシューを味わい界隈の森林を散策。昼食は牧場通り信号脇にあるカフェ「ペリカン」。バルトはお店併設のドッグランで屈伸運動。柵にアキアカネが整列して休息。まもなく下界に降ります。

10月16日 冬近し、ダンゴムシ

日中はなお25度近く。昼間はTシャツ姿でも汗が。しぶとかった猛暑もようやく遠のき、夕方の散歩時間には長袖シャツを一枚重ねるこの頃。バルトはといえば、このところ、部屋の片隅やベッドの足元で尾をマフラー巻きにしてダンゴムシになることもしばしば。

10月22日 ダイエット成功と考えたいが

シャンプー。計量26.8`c。「先月と変わりないですよ」とニコッ。長野の果樹園からシナノスイートとシナノゴールド。昨年と異なり、今年はとても出来がよいとのこと。1個450cのボリューム。味はさっぱりとした甘さと酸味で美味しく、バルトも大好きでサクサク。

10月28日 バルト、おまえはエライ

バルトは気分よくソファでダンゴムシ。珍しく「ウーサァンポゥー」とバルトのわめき。お友達にも会い機嫌がよいので、雲の厚い空を見上げつつ散歩タイムが長引くのかなと恐れていると、サッサと急ぎ足でご帰還。玄関に到着すると、大粒の雨。雨雲レーダー装備のバルト。

2010年11月

11月3日 快適のびのびの季節に

昨年のこの時期は那須で初雪に出会いびっくり。バルトはルンルン。
ことしのしぶとい猛暑もようやく退散し、バルトはひなかのびのびの体制。

11月11日 この木なんの季

季節の移動を知らせてくれるバローメーターの木。バルトお好みの公園の中央部に3本。
暑い時期には大ぶりの葉が茂って木の下はとても涼しく、バルトお気に入りのお散歩休息エリア。
今年はことのほか紅葉の彩りが鮮やか。そろそろ衣を一枚一枚脱ぎ捨てて冬支度。
バルトが落葉のおうちにコロボックルやムーミンたち、元気なおしゃまさんがいないか探索する季節に。

11月14日 音楽好き仲間のポスターにバルト

ジャンルを問わずCDやLPを持ち寄って奇数月に開かれているミニコンサートに参加。いつもポスターを描いているのはムサシ時代からのお友達、クロラブのご主人。「真ん中はバルト」だとポスターを見せられたので「ブログに載せていいかな」と聞くと「いいよ」。

11月16日 ムサシとバルトのお散歩休憩


 
ムサシが幼い頃には造成中だった施設用地は柵に囲まれ、季節にそって花園になったり湖沼や雪原に変貌したりし、犬仲間の楽天地。その頃の思い出や臭いが残っているのか、10歳頃のムサシは、体育館の角を散歩の休憩所に決めていた。
日差しも柔らかく風も冷たくなってきたので、暑さが苦手のバルトと遠出も徒歩で出かけるこの頃。
久しぶりにランの帰りに体育館脇を通ると、バルトも足を止めて角で休憩の趣。

11月20日 小春日和にバルトうたた寝

清里のカレー屋さんで身震いした「アヴェ・マリア」。力強く繊細で華麗な声。「EKOという歌手のよう」と話してくれたオーナーも仔細は不案内。ようやく「EKO」とはソプラノ歌手の山田英津子さんと判明。今日は小春日和。素足でバルトの顎枕になりながらEKOの声。

11月23日 ハス暮らしの悲哀と至福

雨模様なのでバルトは朝寝を決め込む。夕刻には久しぶりに河岸を散歩。バルトは川面を走る風に撫でられて気持ちよさそう。寒くなったので遠出というのはハスキー暮らしの悲哀か。帰りはお気に入りの公園で休憩タイム。バルトの息抜きにつきあっていると、お友達のシェパード姉妹が駆け寄り、バルトは嬉々。

11月24日 怖いバルト太る秋から冬へ

計量。減量は進まず、27`に到達。先月は26.8`水準だったので、冬毛増量のためと嘆息しつつ気休めの自己分析。帰りは久しぶりに海辺の公園へ。バルトは自宅方向を気にしながらも広大な海岸や草地を2時間ほども彷徨。バルトの皮下脂肪搾りに役だっただろうか。

11月25日 三田誠広さんの「犬との別れ」

三田誠広さんの「犬との別れ」を持って早めに散歩に出かけ、お気に入りの公園で落ち葉を座布団にしてバルトの横で再読。この本は「吾輩はハスキーである」の続編。13歳のムサシを撫でながらしんみりと読んだのは2004年のこと。

2010年12月

12月6日 伊豆大室山は登山禁止でガクリ

伊豆へ。やはり大室山は徒歩での登山禁止。標高580mの山頂へはリフトで5分程度とはいえ、バルトを抱えての昇降はいかにも危険。
山頂での周遊散歩を諦め、山裾の「さくらの里」へ。可憐な花びらがちらほら。

12月7日 ドッグランとソフトクリーム

傾斜地にドッグランを設置しているカフェへ。 おいしいドライカレーにありつき一息。宿泊先は天然温泉の露天風呂と内風呂を備え海鮮料理がおいしいと評判の宿。期間限定B&B対応なので、「高原の湯」に出向き、食堂で夕食。豪華な「漁師おすすめどんぶり」に舌鼓。

12月11日 お散歩判断の基準は何なんだろう

サントリーホールへ。開演16時。バルトが散歩を催促する時間帯にぶつかる外出。玄関で待ち伏せするかと恐れていると「ボクカンケイナイネ」とばかりに身動きもせず見送り体制。いつものことながら「お散歩」と「お留守番」の判断はどこでしているのか。七不思議のひとつ。

12月19日 平和の有難味をしみじみ

宿泊ペンションからバルトプリントの絵葉書。「NHKスペシャル」では戦争に狩り出されたシェパード「アルマ」と犬たちの悲しいドラマ。「ご主人様のもとに帰りたい」と訴える哀切な咆哮。過去の惨劇を繰り返すような日本にならないようにと祈願。