バルトの冒険談 2007年etail

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2007年2月  バルトのお引っ越し

 2006年12月19日に産まれた3兄弟妹の長男のバルトが450キロの冒険に出発。
混み合っている車内で騒ぐと困るのでグリーン車利用。10キロ未満なので手荷物料金を支払い、抱えて改札を通過。
 新幹線乗車駅のホームに置くとあきらめ顔。迫る東海道新幹線の響きに不安げだったが、乗車後は心地よいリズムについついぐっすり眠り、心配した鳴き声はひとこえも発することなく、東京駅まで難なくクリアー。

 バルトの両親と兄弟姉妹たち  バルト 2006年12月19日生まれ

お父さんのジョーカー。バルトの風貌はジョーカー譲り。 お母さんのイヴ。バルトの体躯はイヴを引き継ぎました。 生家から見た伊吹山。多彩な高山植物で有名な山頂に雪の冠。
生後直後のバルトです。何とも可愛い。 バルト生後37日目。生意気な気性が目と口元に。 上に乗っているバルト。なんとも図々しいやつ。

 バルトのお引っ越し 2007年2月10日

●バルトを2月10日に引き取る予定にしたが、400キロの輸送手段に迷っていた。車利用だと可成りの時間がかかり、車酔いなどのストレスがあるし・・・・・・。ということで、新幹線を利用することに。
●バルトが家族になれば列車や飛行機など公共交通機関利用の旅行に制限が。この機会を利用して四国を一回りし、その帰りにバルトの実家に立ち寄って連れ帰ることに決定。
●近江の国、伊吹山の麓のバルトの実家へ。暖冬のために積雪なし。
新幹線のホームです 新居でキョロキョロ 腹ごしらえの剛胆さ

 なかなか剛胆なバルト

●お家について「ここどこ」ときょろきょろしたが、すぐ落ち着き、くまなくチェック。お食事タイムにはいると、これも心配をよそになかなかの食べっぷり。夕食もしっかりと済ませ、給水器からのお水の飲み方もマスター。夜は疲れたのかぐっすり眠り、初めての夜のお家とは思えない落ち着きぶり。旅犬の素質は十分。なかなかの気の強さ。
座卓下で。チビだ。 遊びの標的探し 椅子の下にもスイスイ。

バルトの横着さ

●バルトのお引っ越し完了。一日中を追いかけ回して遊び、夜は一緒に眠り、2日目とは信じられないやんちゃぶり。すっかり我が家気分で、大の字になって無防備に寝るしまつ。
●おしっことウンチはサークルの中の新聞紙とトイレシーツの上でしっかりとするので、世話なし。サークルの奥は寝室、入り口は食堂と遊戯室の2DKにしたが、全部にトイレシートを引いたものだから、全室トイレに変貌。もよおすと、すたすたとトイレに入って用足し。
1回目のワクチン接種。翌日、排便時に回虫。 毎日毎日活発。ゴムまりのように跳ねています。 すみっこが好き。滑らない敷物を張りつめ。

2007年3月  バルトの悪戯、公園デビュー

何だって僕のおもちゃ。おもちゃ ハンター。 テーブルから引きずり落としタックル。 ひらひらと風になびくカーテンに興味
接種2回目。今日は静か。(03/16/2007) スリッパに噛みつき叱られ食器棚の下に避難。 公園デビュー。ムサシの幼友達ペコの歓迎。

2007年4月 公園やドッグランでデビュー

 行く先々でムサシのお友達と出会います。
 「久しぶりだね」などと声をかけられ、跡継ぎとしての挨拶に忙しいこの頃。

身の程わきまえず

 ムサシがデビューした公園へ。ムサシの後輩で幼友達の友達のハスキーのソニーに出会い、じゃれつく幼いバルトを快く受け入れてくれました。   秋田犬の大和君に挑みかかるバルト。遊びたい一心とはいえ、先輩を敬わず、怖いもの知らずの横着三昧。厳しいしつけ開始時期。  ムサシのお友達のモコちゃんと会いました。バルトを優しく迎えてくれました。「跡継ぎなのか」と彼女はムサシと初めて出会った頃を懐かしんでいるようでした。

ドッグランでお勉強

 見境なしに遊びを誘っていたところ、同体格の柴ほどの大きさのワンちゃんに横からつつかれ、びっくりしてきゃんきゃんと泣きわき。
 ラン内は一瞬何が起きたかと視線が集中。
 きゃんの一声でダルメシアンと来ていたお嬢さんに抱きあげられ、バルトはぶるぶる。 その後、すっかり一安心のバルトでした。

101ワンちゃん

 ドッグランでダルメシアンとお友達に。 朝のお散歩でも、ダルメシアンのアンディに会います。白黒の配置がとても綺麗で、バルトがしつこく遊びを誘っても決して怒らない優しいお兄さん。
  ダルメシアンが好きになったバルトは、テレビ放映の101匹ワンちゃんに釘付けでした。 ムサシもダルメシアンのメイが大好き。

Baltoについて

 1925年の冬にアラスカの極北に近い町ノームでジフテリアが発生しました。
  60 miles の氷原を走りきり5日ほどでワクチンを運んだアラスカ犬とオオカミの血を引くというリーダー犬のBaltoの冒険と勇気は新聞で広く伝えられ、ニューヨーク市は等身大の像を建てられたBaltoは世界の中で最も有名な犬に。

狂犬病予防ワクチン

 2回目のワクチンから1カ月がたち、狂犬病予防ワクチンを接種しました。体重は10キロ。少し小さい気もしますが、どうでしょうか。
 それにしても、ワクチン接種で疲れたとはいえ、このふてぶてしいごろ寝スタイル。

秋田の赤兎馬

 公園デビュー直後、秋田犬の栗毛の大和と白の赤兎馬(せきとば)に出会いました。
 迫力抜群の二頭を連れてのお散歩勇姿は、勇猛な軍馬、赤兎馬を乗りこなした呂布か関羽かと見まがい、周囲の驚嘆を引き起こしていました。

洪水の原因

 バルトの飲み水入れはムサシが愛用していた食器。 底には犬の絵が描いてある。
 いつ頃からか、バルトは、その絵に興味を持ち、ちょっかいを。
 遊びを誘っても相手にしてくれないので水掻き撒水。





ドッグランで疾走

 ドッグランに出かけました。やはりリードなしが楽しい。
 嬉しそうに走り回り、「バルト」と呼ぶと疾走して戻ってきた。これならどこにでも出かけられそう。 帰りの車の中ではお疲れモード 。
 バルトより2カ月年上の柴のコウメちゃんとお散歩友達に。逢えば組んずほぐれつのバトルの開始。
 ムサシとペコちゃんも格闘技に明け暮れました。

少し大人に

 お散歩の途中にぐずりだし、オシッコとうんちのためにお家にむかって走り出すバルト。
 手足の拭き取りもそこそこに玄関に飛び込んでトイレスペースに駆け込む慌てように苦笑しています。

2007年5月

しつけ教室

ドッグランでのしつけ教室を見学しました。通行犬のエキストラに採用。どうして?

夜更かし眩しい 07.05.08

ついつい夜更かし。眩しいからか、バルトは絨毯をアイマスクに。嫌がらせでしょうか。

いつも一緒

どこかをすり寄せていないと安心できない。本音はご飯とおやつが狙いでしょうね。

これが海なんだ 07.05.10

東京湾が臨める公園。バルトは海を眺めるのが初めて。波頭に感動混じり。

僕も仲間に

ドッグランにも慣れました。遊びの仲間に入れてよと、恐る恐る忍び足。

ムサシの跡継ぎ

ムサシのお友達に会い挨拶。この後、少し追いかけっこをし、お仲間入り。

優しい野の花たち 7.05.10

東野草の美しいフィールドでくんくんと鼻を押しつけ花たちとお話。花たちの慈しみが。

夏が来る

25度を超す暖風の訪問。初めての夏を迎えるバルトはいち早く風通しのいい玄関を占拠。

犬なのか

休日の一こま。飼い主と同態。犬が飼い主に似るのかわけ、ここにあり。無防備なバルト。

2007年6月


お庭を探索 05.26

2歳のお姫様が遊びに来るのでバルトを庭に出すテスト。「何だ、何だ」と興味津々。掘り返し埋蔵金が出てくるといいな。

ドンファン 06.01

お姫様のママにご挨拶。バルトはドンファンでした。

やはりコワイ 06.02

日頃はチワワと遊んでいる2歳のお姫様。バルトの大きさに「ワーン」。バルトは「どうしたの」と不思議そうでした。

抗議 06.03

外に出され憤懣。文句たらたら。うるさい。

我が家をチェック 06.05

我が家をチェックし、少し不満げでした。

兄貴ぶる 06.14

生後5カ月の歩点(ほてん)。兄貴ぶるバルトでした。


お姉さんに会った 06.16

 ゴールデンの葵。生後8カ月。バルトは「アソボ」の催促。2カ月の差はとても大きいですね。バルトはどのくらいの体躯に成長するのでしょうか。

とても華麗に 06.29

 蘭蘭からの便りが届きました。
 チャンピオンを獲得して凱旋。自宅に戻ってほっとしているこのごろとのこと。良かったね。
 しばらく音信がなかったので、風邪でもひいたかなと案じていましたが、賞を獲得し、活躍の連日だった様子。ホントに良かったね。
 ますます華麗になってました。横座りが可愛い。安心したんだね。
 これで、近々、どこかで一緒に走り回れそうですね。

2007年7月


必死のバトル 07.03

相変わらずコウメチャンとのバトルが続いています。これが完了するまでお散歩から帰ろうとしません。

疲れました 07.06

ボルゾイのランディとお遊びです。仲良くお相手してくれました。お疲れモードで一休み。

楽しいひととき 07.14

ドッグランでボールを追ってお友達と走り回りました。顔つきが嬉々としています。自由が何より。

まもなく7カ月 07.09

7月19日で7カ月。表情に思索の兆しが。オスワリ、オテ、フセも、気分次第。

リオ君とお友達 06.05

テレビの録画収録。リオとお友達。通行犬にバルトが強行に共演。

メイバトル開始 06.14

シェパードのメイ。生後4カ月。バルトより腕が太く、手のひらも大きい。

ジーナとリュック 07.13

お友達の黒ラブのジーナ。イエローのリュックがジーナのお母さん。気だての優しい親子です。

雨にも負けず 07.14

台風の先触れの雨。雨をついて初めてレインコートを着せてお散歩。ムサシの遺品は少し大きいか。

さくら 07.15

ワンちゃんたちとのお散歩道ポイ捨てゴミ清掃に一緒に参加しました。ハスキー系なんですよ。

カノン 07.16

2歳のお姉さん。バルトが飛びついても嫌な顔もせず「このチビ」といった風情であしらい。

なかよし 07.17

メイちゃんとおともだち。お互い、睨み合いなのか、フセなのかは不明。

何思う 07.18

街灯がつき、夕闇が迫ってきました。ゴールデンタイムの終幕。明日があるからね。

お父さん 07.19

お父さんとメイ。守られて安心なのかな?それともママを捜しているのかな?

朝寝坊 07.20

「散歩に行くよ」と玄関から呼んでも「後でいい、眠い」と再びごろ寝。

植物観賞 07.21

草の葉の下には、ムーミンたちやコロボックルたちが住んでいるかもしれない。

夏本番 07.22

クーラーの風下に陣取りし身体を冷却。で、身体に冷気を吸い込ませて、爆睡。

猛暑日 07.22

舌先から汗がたらり。猛暑日攻撃にグロッキー気味です。

ドッグラン 07.23

ドッグランのお掃除におつきあい。遊んでくれないので不満顔。「ナンデ」。

新しい友だち 07.24

公園は埋め立て地なので、咲いている草花はみんな旅人。草花たちと話しができたら、楽しいね。

お恥ずかしい 07.26

公園で誰彼かまわずちょっかい。「ウオーン」と遊びを誘うので「まだ子供デスので」と弁明しきり。

17sでした 07.27

フィラリアの予防薬受け取り。なんと17キロに成長。太り過ぎかと気にしていましたが、スリム体型です。

2007年8月



成長加速 08.01

日々増進。見慣れているものの日々の変化には意外と気づかないもの。

拡大率 08.08

両者ともやんちゃ盛りで成長が加速。毎日拡大率を強くしている気配です。

歩点も加速 08.10

久しぶりに歩点ちゃんに会いました。やはり拡大率が加速し大人の気配。

プレゼント 08.16

遠くから近づいてくるおなじみi
バルトは、足下の草花をくわえてプレゼントを準備。

ペコがお泊まり 08.17

ムサシの幼友達のペコちゃんがお泊まり。16歳。ムサシの尾に噛みついて遊んでいた。

草の絨毯 08.18

酷暑が過激さを。バルトは、朝露で冷えている草の絨毯に身を横たえてお散歩の休憩。

暑い 08.19

木陰に潜り込んで「アツイ」と抗議。散歩に行くぞとわめいたのはお前だろ。

日陰を求めて 08.20

真夏日が続いています。日陰を見つけたバルト。でも、鼻の先しか入らない。

水浴びだ 08.21

水瓶に散歩帰りの飲水。喉を潤し両足をつっこんでお腹にかけ冷やすのが日課。

ムサシのお友達 08.23

ムサシのお友達。今はバルトが弟分。ムサシのおつきあいがバルトの交遊に。

モウだめだ 08.24

生まれて初めての夏。連日の猛暑日。もう限界だ、とふらふら気味。

何とかしてくれ 08.26

何とも情けない顔です。何とかしてよ。そう言われてもね。ガマン、ガマン。

ムサシのお友達 08.27

ドッグランでランディと戯れました。ランデイは弟を亡くし哀しみにおちいり、寂しげでした。 でもバルトの前ではつらさを見せず、相手をしてくれました。

初めての旅行 08.29

八ヶ岳方面にスタート。初めての長時間ドライブ。泊まり先のドッグランで手足を伸ばし、ホテルのディナーに。デザートまで足下でゴロリ。

何とかしてくれ 08.30

何とも情けない顔です。何とかしてよ。そう言われてもね。ガマン、ガマン・・・・

蓼科高原

泊まり先のコテージのベランダでリードを外されてゴロリ。小雨が降り、気温は17度。風がとても心地よく、疲れも忘れて、すーすー。

軽井沢を散策 08.31

朝から強い雨。車山登山は諦め、軽井沢方面へ。この時期も、軽井沢銀座は雑踏。人の波を避けて、車の乗り入れが禁止されている犀星旧居の界隈へ散策。土の道が心地よく、静か。

何とかしてくれ 08.30

ランチはバルトの同伴も許されるお店。石と土に落ちた料理のソースなどが染みつバルトが落ち着かないので車に。バルトへのおみやげに評判の「ワンのための羊の骨」。

2007年9月

あと少し 9.06

体重は20キログラム。台風前夜。レインコートの余裕もなくなりつつあります。体躯はあと少しでムサシに追いつきそう 。

嵐の中で 9.07

姿が見えない足の速いくせ者に警戒。道は落ち葉と折れた木で敷き詰められ、大小共に屋内に限っていた頃が懐かしい。

どういうわけか 9.10

ムサシの大好きなお友達のひとりはシュナウザーでした。バルトもどういう訳かシュナウザーの男の子のボブが大好き。

まだまだ幼い 9.11

体躯はムサシに近づいていますが、精神面での成長が伴いません。退屈すると「アソボ」とちょっかいを出してきますので「オモチャを持ってオイデ」。勝手に取り出して遊べばいいのですが、注目して欲しく、甘えがコース。

機敏さが 9.12

お友達と遊んでいても、柴犬くらいなら、もつれそうになれば、ひらりと飛び越え、姿勢を変えます。ボール遊びも好きです。投げれば追いかけ、咥えて戻ってきますが、途中でぽとり。

4カ月 9.13

生後4カ月のボーダー・コリーのココちゃん。、バルトにも「アソボウ」のシグナル。
しっかりした骨格と優雅さをもち、賢さに溢れ、警戒心をもちつつも好奇心を押さえきれないというパピー。

涼しくなったんだ 9.14

気がつけば庭に出て、バルトの小屋の前で夕涼み。朝夕に秋の気配が漂いはじめました。陽の落ちる足取りが早くなり、お友達とのお散歩タイムが短縮。帰り道のバルトは不満の足取り露わに蛇行。

また夏だ 9.15

夏日が戻ってきました。バルトはまたまたクーラー三昧。庭に出ようとしません。電気代の請求が怖い。

縁、奇縁 9.16

8月末の談合坂SA。 「すいません」「うちのベアーとそっくり」。ベアー君はバルトと同じ犬舎の出とのこと、奇遇。「ベアーが誘拐されたのではないか」と慌ててバルトを追いかけたらしい。

やはり子供 9.17

ハスキーはとりわけ両手の使い方が器用。拝み取りが巧み。

やはりへそ天 9.18

夏日になり、クーラーに向かってへそ天。

体重は20キロ 09.19

生後9カ月に。体型も固まり始め、元気いっぱい。

取りにおいで 9.20

投げたボールを咥えたので「オイデ」というと「そっちが取りにこい」と遊びの体制。しつけの開始時期かもしれない。

早朝デート 9.21

バルトが早朝5時前からキューン。急ぎ足で公園へ。早朝デートのお相手がお出まし。いっときはしゃぎ、帰還ルート。

若い世代 9.22

体躯の大きい順から年齢は若い。シェパード、ハスキー、ビーグル、ジャックラッセル。世代交代。新しいおつきあい。

臨海公園で 9.23

朝涼しいので臨海公園に。ムサシがデビューした懐かしい海辺で、バルトは何か感慨深げ。彼岸花が強烈に咲き乱れ、季節の分かれ目が鮮烈。

深夜のお散歩 9.25

へそ天のバルトが夜中の11時半過ぎにお散歩催促。バルトに文句を言いながら公園に出向くと、2組もお散歩。澄んだ空、雲の形にも秋の気配。

ボクの別荘 9.25

急激に涼しくなった。姿が見えないので庭先に目をやると、バルトは別荘に入って中をうかがってました。室内温より外気の方が低い。

枕睡眠快適 .28

この数日エアコンから解放。エアコンのスイッチ入れっぱなしはお財布にかなりきついし、家主の体調が狂い、頭痛が。でも「点けろ、暑い」のバルト命令には逆らえない。

気分転換 9.29

季節の変わり目です。これまでは呼んでも来なかった仕事部屋にバルト。旅行用のバルトのお布団を敷いたら当たり前のようにごろり。追い出されないと判断し、気分転換、睡眠体制。

退屈だぞ 9.30

朝から土砂降り。散歩ではゴールデンのカノンに会ったものの一緒に走り回れない。家に帰ってオモチャで憂さ晴らし。目に「つまんないよ」の憂いが漂い、遊んで欲しそう。

2007年10月

フィラリア 10.01

薬の調合のために動物病院で体重を量ると18.9s。写真はムサシ。ムサシの1歳通過時瞬間風速は20sでした。

しつけ教室 10.03

10/03/2007

10/05/2007

ドッグランで夕方に中型犬の家族数頭のうち一頭の男の子にお尻を追いかけられ、バルトは身を固くしておりました。

パスポート不要 10.06

お仕事部屋(おこもり室)への立ち入りには許可が必要。入口にはゲートがあって、入管チェックがありました。寂しがるので、特別に許可を出してお布団を。爆睡。パスポート不要、出

オフ会でした 10.14

須高原で会のオフ会。お泊まりのペンションは室内土足可で各部屋からウッドデッキ経由でドッグランに入れるというワン仕様が最高。バルトもお泊まりに慣れ、ケージなしでも安心モード。なんら粗相なく過ごせました。

季節快適 10.21

昼のドッグランでお友達と走りまわったあとの一休み。左ほほの傷は、旅行中、朝のドッグランで、遊ぼうと誘っていたら犬にいきなり引っ掻かれてついたもの。実際は蚊にされた程度。ハスキーの毛の深さがよくわかります。

10カ月 10.23

バルトがまだ生後10カ月、我が家にやってきて8カ月しか過ぎていないことがうまく認識できない。ところかまわずへそ天で爆睡し、我が家の主のような横着さによるのかも知れません。

嵐の中で 10.27

昨夕刻のお散歩は雨脚が弱まる一瞬をつき、夜中も傘なしで済んだので、バルトの予報を褒め称えて駆け足でお散歩ルートを一周。朝のお散歩道は落ち葉の市松模様やドット模様。小鳥の巣も落ちていて嵐の強さをバルトと論評しながらのそぞろ歩きでした

嵐が過ぎて 10.28

嵐が猛スピードで走り去った朝はまさに快晴。お昼前にもお散歩の催促。、季節もいいし、と出かけたところ日差しが強く、日陰を捜しまわりベンチの下に潜り込んだバルト。毛の深さがよくわかります。

のんべいバルト 10.30

気がつけば酒瓶を抱いて栓抜きに全力投入

●サリーちゃん

●コウメちゃん

2007年11月

浜名湖で遊ぶ 11.02

バルトの出身犬舎でホワイトハスキーが生まれたというので、バルトとご挨拶に。「一気に駆け抜けるのはバルトにきつい」と口実をつけて浜名湖を中継点にし、立ち寄り湯もプランに。ペンションのドッグランでご満悦のバルト。

ホワイトハスキー11.03

9月8日に生まれた2頭の純白のハスキーの男の子たちは、毛質がふわふわで、鼻先なんかの薄桃色は作りたての桜餅のような弾力。ホワイトハスキーはバルトの甥ということになります。ホワイトハスキーに魅了され、興奮を抱いて湖北へ。

おおはしゃぎ 11.04

琵琶湖の波は思いのほか高く、バルトは木の葉を追いかけるように白く砕けるしぶき追いかけて楽しみました。ぺろっと舐めてみて、湖水を賞味。

困った 11.12

怖い夢でも見たのか階段下からキュンキュン鳴き出し、用足しの合図かとお散歩体制に着替えて階段下へ。バルトは、出入り口付近の廊下で、いつものように自分の布団の上にうずくまり、回りをうかがう様子。そのうち軽いいびき。寒さに震えながらこちらもうとうと。朝、気がつくと、バルトはちゃっかりと足もとの毛布の上で熟睡していました。

浜名湖を周遊 11.05

琵琶湖から戻り浜名湖を周遊し、立ち寄り湯を楽しむ。バルトは初めての旅先の地が珍しく、感慨深げデス。

富士山は冠雪 11.06

ようやく帰路に。疲れを見せないバルトは東名最後の休憩場所で「腹減った」と抗議。富士川PAからの富士は冠雪。これからがハスキー本領発揮の季節に突入です。

お疲れモード 11.13

今日の夕方のお散歩では珍しく多くのお友達と懇談。久しぶりにシェパードのメイちゃんと恒例のドタンバタンのバトル。その迫力に初めて見る人たちは仰天ムード。お陰でバルトは家に帰るやバタン。お疲れムードは食後も続きフリーズ状態。おかげで夜鳴きがなく、階を分けて、共に熟睡でした。

門番か 11.15

仕事部屋の出入口で外出を阻止する構え。昨夜は静かに眠りについたので安眠を確保。安心していたら、またもや夜鳴き。で、寝台車程度の隙間にうずくまってバルトとごろ寝。 対抗策がないものか。

嵐が過ぎて 11.16

夜鳴きに完敗。ごろ寝。熟睡。気がつくと、朝9時。バルトはへそ天で爆睡。聞けば、バルトは、夜中に、ばたばたと騒いでいたよし。夜鳴きで2階から引き下ろし、そばで寝静まったのを確認して遊んでいた様子。で、夜遊びに疲れたバルト。今朝は朝7時前後の「ワン、さんぽ」なしのぐうたら寝。

無視がベストか 11.17

夜鳴きには無視で対抗しようと決意。24時に「キューン、キュェーン」。で、布団をかぶって「下りないぞ」。で、で、静かになったゾ。朝7時。物音なし。8時。静か。今夜はどうなる。スリリング。

チビハスだ 11.18

2時間の散歩に懲りたのか夜鳴きなし。朝も8時前まで熟睡。夕方、ドッグランへ。生後4カ月。噂のチビハスに面談。バルトと比べれば丸々と育った人好き、犬好きの気だての優しい男の子。

生後11カ月 11.19

今日で生後11カ月。突如スピードをあげて冬到来。となればハスキーの世界。元気いっぱいでお散歩し、デイズニーシーまでとことこ。空き地の頃はムサシたちの夢のような運動場だっただよね。

バタンキユー 11.20

寒さが少し緩み、お散歩仲間が出そろい、シェパードのメイちゃんと少し長めのバトルを楽しみました。で、お家に帰ると、バタン、キュー。

秋も深まり 11.21

クリスマスイブに匹敵する記録的な冷え込み。バルトのお散歩道の桜並木は、錦秋の装いを冬支度にむかって脱ぎ去ろうとかと逡巡しているようす。バルトは、夕涼みに近い意気揚々ぶりで逍遙三昧。

生後11カ月 11.22

生後3カ月頃の幼いバルトはホットカーペットの上で転がって遊んでいた。今日、急な冷え込みなのでホットカーペットを敷いたらバルトが絨毯を引っ張り回して遊ぶので、感電しないうちに仕舞い込むことに。

静かな夕闇 11.23

この数日、バルトは階下でお休みタイム。今朝は、窓が明るくなっても静か。物音なし。7時半になって「キューン、キューン」。お陰で、休日の朝寝を楽しみました。夕方、江戸川河畔へ。屋形船が航行し、少し早く年の瀬を感じました。

ワンのびのび 11.24

小春日和に誘われて犬吠埼に。バルトは潮風の挨拶にうきうきでした。露天風呂で静かな波頭のリズムに聴き惚れ、灯台に目を移してハッと。バルトが両手をのびのびしてお散歩体制に入る形によく似ているのです。新発見だ。

お友達と 11.25

ドッグランで公園レビュー直後のボルゾイと生後6カ月のハスキーと戯れるボルゾイのお兄さんと会いました。シェパードのメイはボールを横取りするバルトの横でお淑やかにフセをして見守るだけ。

明日は雪か 11.28

秋が深まり、日が落ちるのが早く、犬仲間の語らいの時間も短縮され気味。とはいえ、来月の今頃は昼と夜のせめぎ合いも折り返し。しばらくの辛抱。

11.29

ドッグランでボルゾイのランディに守られてロン登場。まだ全身が白い柔毛に覆われているロンを抱くと暖かく、手袋代わりになりました。

2007年12月

ポーズとって 12.01

健康保険に入ることに。バルトの元気さに気圧され万一の場合の傷害保険の特約。保険証に添付する全身写真が必要になり、証明写真の撮影に出かけました。生後11カ月にしては、体躯は大人びてきました。

疲れた、ねむ 12.02

ケーブルテレビのワン番組録画につきあいドッグランに2回も出向きました。ボールを追いかけて走りまわり、机の脇でぐっすり。寝返りの際に勢いよく足を投げ出して襖に突き刺しまた物いりです。

ムサシの像 12.03

ムサシのお友達のパパからムサシの像がまた届きました。長いおつき合いだったので、ムサシのスタイルがそのままによみがえっています。

ありがとう。

木枯らしの季節 12.04

公園は紅葉の絨毯です。自然が豊かで、足がとられるほどの落ち葉が切れ目なく敷き詰められたルクセンブルグの朝の散歩道を思い出しました。iciとあるので、何かいいことが・・・・。犬のオシッコはここでしなさいという案内でした。

ボルゾイと 12.12

ドッグランで、2歳少しのボルゾイの男の子とは上になり下になり、ついには両者横たわっての睨み合い。かと思うと、全速力で競争。生後4カ月前のチビボルも参加。バルトがオイデと手を出すと、身を竹のようにくねらせ、バネの力を得て飛び跳ねる姿はとても華麗でした。

蘭蘭とお台場 12.16

ビッグサイトのドッグショーに出演した蘭蘭ちゃんご家族とお台場散歩。きれいな蘭蘭ちゃんに出会ってバルトは大興奮。歩道に犬たちが列をなし、ワン歓迎のお店が軒並み。ホワイトマラミュートの女の子にも会いました。


1歳になり 12.19

今日で満1歳。病気もせずありがとう。顔つきは大人ですが、甘えん坊で、まだまだ子供。最近は犬見知りをするようになり、気が抜けません。これからは甘やかし抜きの日々ですね。

ムサシの友だち 12.30

やってきたのはマック一家。ムサシはマックが大好きでした。写真は2003年12月のもの。シュナウザーはマックだと思います。だとしたら、ムサシが12歳、マックが11歳。